いまYoutubeをやるべきかどうか悩んでいる人へ 〜トレンドから考える“ブレイク”の仕方〜

youtube

Youtubeの勢いが止まらないっ

Youtubeがやっぱりキテる。一時期のツイッターのように若いユーザー層を中心に拡大しているようだ。最近だと小学生はテレビよりもYoutubeを見ている方が多いとか。

僕がビジネスで関わらせてもらっている人や、知り合いの起業家、デキるセミナー講師もみんなYoutubeユーチューブゆーちゅーぶ。。。ネットマーケティングに使えるようなノウハウも次から次へとリリースされている。Youtubeアドセンスで稼ぐ方法や、Youtubeでリスト取りをする方法、Youtubeにあげる動画をキレイに・カッコよく撮影・編集する方法、などなど。

少し前には有名Youtuberの一人であるHIKAKIN氏を筆頭にしてYoutuberのなり方を教える「Youtuberスクール」なんてものも登場した。

Youtuberスクール

↑これがYoutuberスクール。今後さらにYoutuberが増えるのか…?

 

ネットで成功する鉄板ルート

これだけYoutubeが流行っているとなると、ネット関連のビジネスをやっている人は色々思うだろう。「Youtubeアツそうだからやってみようかな」「Youtubeみんなやってるから自分もやらないとな」「自分には向いていないな」etc…
ネットビジネス的な話をするのであれば、その時代のトレンドを追いかけて自分なりに研究・実験して、世の中にノウハウを販売してブランドを作る。これはいつの時代も「成り上がる」鉄板のルートと言える。今有名な人も過去何かしらの流行りに乗っかることで結果を出し、それをノウハウ化・販売した…というパターンはとても多い。(むしろコレ以外の方法でブレイクするのはなかなか難しい。。)TwitterにしてもFacebookにしてもYoutubeにしてもそういう人は何人もいるしあなた自身何人か思い浮かぶかもしれない。

inel

僕は”それ”を広める側の手伝いとしてそういった流行っているSNSのノウハウなりツールのレターを書いてきたけど、何か1つのトレンドをきっかけにして有名になった人は本当にたくさんいる。とは言ってもリブランディングできず、徐々に存在が霞んでいく人が多いのだけど。。。苦笑

ちなみに、「リブランディング」について補足しておくと、ツイッターで売れた人は「ツイッターの人」というイメージが付くから、そこから自分の「見せ方」を変えなくてはならない。これが少し難しい。

リブランディングを行わずに「ツイッターの人」のまま、Youtube教材なんかを販売したりすると「ツイッターはどうした!」「方向性がブレてんじゃないのか!?」挙句の果てには「売れれば何でもいいのか!この金の亡者!」なんて散々な言われ方をしたりする。。。苦笑

まあリブランディングをせずともその分野を徹底的に研究しつくし、トレンド的にも「もう時代遅れ!」と言われる一歩手前で大型の塾販売なんかをして、一気に数億稼いでネットビジネスの業界からリアルの事業へ!…なんてのも1つのお決まりパターンではあるけども。それが良いか悪いかは別として。。。

Twitterがそうだったように、Facebookがそうだったように。Youtubeで有名になった人もこれと同じことをするはずなので、ぜひいまYoutubeでノウハウ教材やツールなどを販売している人の「その後」に注目してみよう。面白い発見があるかもしれない。

Youtbe…やるべき?

で、具体的に「Youtubeをやるべきかどうか?」という話題に関して。個人的な考え方だけど、Youtubeが流行っているからといって必ずしもYoutubeをやる必要はないと感じている。理由は単純で、流行っているということは、それをやっている人がたくさんいるってこと。Youtubeが流行っている今、Youtubeに一生懸命取り組んでいる人はゴマンといる。だから僕は「Youtubeがビジネスで必要になったらYoutubeに詳しい人に頼めばいい」というふうに考える。

遅かれ早かれ廃れるのがネットの世界。Youtubeも遅かれ早かれ勢いは廃れる。個人レベルのビジネスの話をすればその流れはすでに来ている。現にアドセンスのアカウント削除を食らう人も続出しているし、「TVのキャプチャ動画」「ラジオの録音」など著作権に絡むものは軒並みアウトの対象になった。(この手のやり方は近いうち使えなくなるので止めておくのが無難だろう)。流行るときの勢いが激しいものほどモノスゴイ勢いで廃れていくものだ。

bsBL008-cyottomatteyo20140810

なら自分は自分のやるべきことに注力する。

しかるべきときに、凄腕のYoutubeの使い手が自分に協力してくれるように、自分の分野でブランドを作っておく。ビジネスを作るための企画力を磨いておく。Youtubeを1つの手段として捉え、ビジネスを形作る上でどう活用するか?という視野を広げておく。これも1つの選択肢なのではないかと思う。

ちなみにYoutubeに限らず、「外注」するときは、自分がやらなかったとしても「知っておくこと」はとても大事。実際に作業をする人と同等の知識を持っているからこそ明確な指示が出せる。コピーを書いている人間からしても、コピーを全く知らないクライアントから受ける指示のチグハグさは相当困る。できれば知識を持っている人の方が仕事はスムーズに進む。もちろんどちらにしてもきっちりやるべきことはやらないといけないのだけども。。。

だから…というわけではないけど「自分が得意とするスキル」と“隣接”する分野については知っておくといい。コピーだったら「デザイン」、「マーケティング」。SNSだったら「リスト獲得」とか。もちろんここ以外にもネットでビジネスをやるんだったら全範囲を「広く浅く」カバーし、自分の専門分野を「深く」潜る。

それができれば「この人とこの人に力を貸してもらったらこんなことができるなー」とか「この方法とこのノウハウを組み合わせたら面白いことになりそうだな」ってイメージが勝手に湧くようになる。

特に、最近僕自身は「自分がいかに動かずにビジネスを進めるか?」が活動の裏テーマだから、こういった考え方はけっこう大事だなーと思っている。。。笑

トレンド=ブレイクのきっかけ

逆の視点から見れば、その時その時のトレンドとなっている「流行りの媒体の使い方」を身につければ「別分野の人間からオファーが来る」可能性があるということになる。仮に、今あなたが何も特技を持たない、ビジネス的に「武器の無い人間」だとしたら、流行っているもの極めるのが最も早く成功する方法だと言える。
そういう意味でいうとやっぱりYoutubeがまだまだアツい。もしくはインスタもアリ。(ちなみにいま若い女性たちは食事の店探しにインスタを使うらしい。。。驚)

Youutbeもインスタも、流行りモノにアンテナを立てている企業は興味を持っているから「集客の仕方」「PRする方法」など独自のサービスを用意すれば一定数には興味を持ってもらえるだろう。対企業コンサルの優秀なフロントエンドとなり得る。そんな展開の仕方ももちろんアリだ。

そんなわけで流行りに乗っかるのか、それとも利用するのか、そのときの自分のやっていること、ポジションに合わせて選択してみてはどうだろう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*