コピーライター

記事制作って割に合わない?

blowing-communication-computer-connection-fast

漂流記をいつもお読みいただき

ありがとうございます。

 

このブログを
ご覧になっているということは

 

コピーの勉強も大事だけれど、
同時に案件獲得をすることが大事なんだ
と理解している一握りの方だと思います。
続きを読む

実績作りに商材を作って売る

infobiz

【仕事がないなら情報商材を作ればいい】

こんにちは

ここのところ、更新してなかったですね。

 

実をいうと、その裏で

お客さんのメルマガを書いたり

僕が運営しているブログの更新とfacebookページの更新をしてました。

やりすぎて背中から首の付け根当りが痛くて、ちょっとツライ(笑

 

で、今日のネタはタイトル通り、情報商材を自分で作るということです。

 

漂流記では、

仕事を取る!

ということで、

 

  • クラウドソーシングを使ったり
  • 実店舗の集客だったり
  • コンテンツマーケティングのお仕事として、ブログ記事の更新

 

などをクライアントに対して行おうというものがほとんどですね。

 

そうなると見落とされてしまうのが、

自分自身で商材を制作して販売するということ。

 

例えば、僕は今こんなページ作っています。

予め言っておきますが、僕自身はビジネスしていません(^^;

 

 

【なんでこんなページを作ったのか?】

 

なんで、こんなページを作っているかというと

MLMでみんな困ってしまう、成果が出ないポイントって

「セールストークや製品知識をいくら覚えたって、声を掛けられない

という一言に尽きるわけです。

 

そして、この声を掛けられないというのも

 

  • 怖くて声が掛けられない
  • 声を掛ける相手がいなくて、動けない

という2つに分けられます。

 

成果を出しているリーダーさんの話なども、よくよく聞いてみると

対面営業スキルがハンパなかったり

もともとの人脈が多かったという人ばかり(さらに、この人が言うならと信頼されていることもある)

 

つまり、見込客に困らない状態にある人が多いのです。

それなのに、ダウンラインや自分たちの見込客には

「誰でもできる」「主婦でもできる」といったリクルートを掛けているので

ごく普通の人がビジネスをするとハードルが高いわけです。

 

【悩みが大きいということは、悩みを解決する商品を作れば売れる】

 

ものすごく単純に考えれば、悩みがある人を見つけて

その人の悩みを解消するサービスや商材を作れば売れますよね^^

そんな理由で作ったのが、あのブログです。

いちおう、開設して1週間も経っていませんが、今日1日だけでも65名のアクセスがありました。

gakaiseki

【作って1週間足らずでアクセスなんて集まるものなの?】

 

答えから先に言ってしまうと、このアクセスの90%以上はFacebook広告からです。

Facebook広告で、興味ある人を集めて

その人のスマホのタイムラインにfacebookページの投稿を宣伝

ブログに誘導するという流れにしてあります。

 

facebook広告のほうは、これから詰めていく必要がありますが

MLM系のfacebookページや、その会社の主力製品のページがあるので

そのページに「いいね」している人だけに絞っています。

 

【マネタイズ方法はステップメールでの情報商材販売】

 

ブログ記事更新しながら

ステップメールの作成を同時進行しているので、追い付いていませんが

マネタイズ方法は、

「友達から嫌われないし、セミナーに誘わなくても会員になってもらう集客方法」

の情報商材を販売していくということです。

 

【まとめ】

 

長々書きましたが、ここまで僕のやっていることをまとめると

 

  1. wordpressの設置
  2. 記事執筆(濃いコンテンツを書く)
  3. facebookページにwordpressの記事を貼りつける
  4. facebook広告でターゲットを絞って配信
  5. ステップメール作成
  6. LP制作
  7. コンテンツ制作
  8. コンテンツ販売
  9. バックエンド販売(グループコンサルなど)

ということになります。

 

WordPress自体の、最低限のSEO対策はやります。

 

ただあくまでもメインは、記事の執筆。

1記事1000文字以上は書くようにしています^^

コンテンツは僕らライターの商品でもあるわけですからね

 

それではまた次回^^

ネットワークビジネスのオーナーに聞いた集客方法

b0126549_23561941

こんにちわ

お盆はどのように過ごしていたでしょうか?

 

さて、今日は知人でネットワークをやっている人の製品紹介デモに参加してきました。

 

ネットワークをやっている人って

A社の人も、N社の人もそうなのですが

 

マーケティング = 報酬プラン

 

という考えを持っているのかと思うほど

 

お客さんを集める、リピートし続けてもらうという仕組み作りがされていないんです。

 

例えば代表的なABCという見込客をアップラインに繋げるという方法も

 

どうやって、Aさん(アップライン)にCさん(見込客)を紹介すればいいかという

セールストークを教えてくれても

「そもそも、Cさんをどうやって見つけてくるの?」

という話が抜け落ちていたりします。

 

自分の周りの人で9人ビジネスに登録してくれればいいんだから・・・・

という誘い文句もあったのですが、

 

その9人登録までに

 

何人の人をセミナーに集客するのか

何人の人にステップメールを送るのか

何人の人にリスト取りLPを見せればいいのか

そのために何人のリストを確保すればいいのか

 

という流れがなく、いきなり「友人知人をリストアップしましょう」

となっているので、ハードです。

 

もういっそマルチレベルマーケティングというより

マルチレベルセールスと名乗ったほうがいいんじゃないかと感じます。。。。

 

で、冒頭からかなり否定的に書いてきましたが

これってライター側からしたら

 

リスト取りのLP

メルマガもしくはブログ

ステップメール

セミナー集客LP

セミナー後のフォローメール

 

が、全部僕らの仕事になりますよね。

 

もしそこでビジネス登録してくれなくても

 

そのアップライン名義のセールスレターを書いて

「●●という奴を応援してくれ⇒ だから▼▼をしてくれ」

というスワイプファイル【新人美容師のデビュー】を使った

愛用者作りに方向転換をするということも可能です。

(そこも別料金にしていけばいいわけで)

 

ちょっといやらしい言い方をすれば

ゴールドラッシュに群がってる人に、スコップを売るというイメージです。

 

なので、もし次にMLMをやっている人に声をかけられたら

いっそ、その人のアップやその上のアップラインに話を聞きに行ってみると

仕事につながる話ができるかもしれませんよ。

 

もっとも、個人的には

ビジネス登録まではしなくていいと思います。

 

MLMではないのですが、

サプリのLP制作の案件でリサーチのために自分もその会社のサプリを試しましたが

それを3社も5社も・・・・というのは毎回の食事が大変なことになります(笑

あのAppleがやっている『引き算思考』 ~ついつい忘れてしまいがちなこと~

Apple

まずはリンク先のニュースを見ていただきたい。

ピカソの抽象画で引き算の美学を教える「アップル大学」

Apple、その成功要因は引き算思考にあり!

私もつい最近聞いたのですが、

『引き算思考』

という考え方があるそうです。

それを知ったのは少し前だったのですが今日、
タブレットでネットニュースを見ていたら、
上の2つの記事が出ていました。

元々が製造業畑であり、
製造業ってヤツは基本的に『足し算思考』なだけに、
この『引き算思考』ってヤツは、
ホントに目から鱗でした。

実はこんなことが・・・・・・

私事ですが、
実はこの春から担当部署が変わりました。

人事異動ってヤツですね。
サラリーマンの常な訳ですが、
そこが全く担当したことのない部署だった上に、
前任者もまともに管理ができていなかったのです。
(イロイロと裏事情があって、全てをここには書けませんが(苦笑))

その上今まで担当していた部署は、
社内でもちょっと特殊な部門でだったものだから、
コッチの引き継ぎはしなきゃならないわ。
向こうは引き継がなきゃならないわ。
でもうほぼパニック状態になりかけてた訳です。(汗)

『やらないこと』を決める。

その時私が選んだことは、
『出来ることからやる』ということと、
『やらなくても良いことはやらない』ということでした。

前任者があまり管理していなかったこともあって、
日常業務は現場責任者に任せておけば、
ほぼ問題なく進められる。

それを見て取った私は、
日常業務の管理を放棄(現場に一任)して、
それ以外のことを『やる』と決めたのです。
後は時間に余裕が出来るまで放置と決め込みました。

実際その方がここでの時間も取れますから。
(ここだけの話にしといてください。(^+^))

ライティングの編集も同じ。

今さら言うことでもないとは思いますが、
ライティングにおける『編集作業』も、
『引き算』だと言えます。

下書き(ドラフト)の時に書き連ねたモノの中から、
一番伝えたいメッセージを浮き彫りにしていく。
そのために余分なモノをそぎ落とす。

そういう意味で、
『編集』は正に『引き算』ですよね。
つまりセールスライターとして私もアナタも、
日常的に『引き算思考』を使っているのです。

『やる事』『やるべき事』を決める前に・・・・・・

神田昌典氏の著書で
一番売れている本があります。

この本に書かれている第一の習慣が、
『やりたくないことを見つける』
なのです。

冒頭に上げたAppleの記事が示している
『引き算思考』もある意味同じです。

セールスライターとしての編集作業も、
伝えるメッセージをシンプルにするために、
不要なモノは削り取る『引き算思考』です。

でも、これだけの『引き算思考』に囲まれながら、
アナタの毎日の行動は、
『アレも』
『コレも』
になっていませんか?

アナタがもし、

「やる事が一杯あって何から手をつけたらいいのか分からない」

とか、

「アレもやらなきゃならないし、コレもやらないといけない」

と手一杯になっているとしたら、
立ち止まって考えてみて下さい。

それは今、本当にやらなければならないことなのですか?

『やる事』『やるべき事』を決める前に、アナタは『やらないこと』『やらなくても良いこと』を決めていますか?

もう一度冒頭の記事を読んで、
この週末、じっくりと考えてみて下さい。


P.S.
エラそうに言ってますが、
私自身もこの『引き算思考』が理解できるまで、
かなりの時間がかかりましたし、
今もまだ迷うことが当然あります。

でも、
「こういう考え方もあるんだ」
ということを知ったお陰で以前に比べると楽に『選べる』ようになりました。

大事なのは実際にやってみることです。
例え小さくても行動する事で『何か』が変わります。


P.P.S.

実は今、
前回の記事で紹介した、

『ZERO』

に続く第2弾の新企画が進行中です!

アナタが

本当に知りたかった真実

や、もしかしたら

本当は知りたくなかった事実

が載っているかも知れません。

興味がある方は、
コチラ⇒実績0のコピーライターから脱出するためのメルマガから
メルマガ登録をお願いします。^^

リサーチから仕事を獲る?顧客リサーチをしたほうがいい2つの理由

103091

コピーを書く上でリサーチは重要

これよく言いますよね。

リサーチがなければ、誰にも刺さらない残念なメッセージになる

 

いくら広告費を突っ込んでも

成約につながらない・・・

 

いくらチラシを撒いても一向に来店客が来ない・・・

 

お店を経営している側にとっても

そのコピーを作った側としても

この結果はたまったもんじゃないですね

 

リサーチの場で仕事を獲る?

さて、そんな重要なリサーチ。

 

おととい、僕もサイトアフィリエイトで実績を出している方に

「サイトアフィリで成果を出すまでの話を聞かせてほしい」

という形で見込客リサーチをしてきました。

 

で、その場でブログリライトの仕事を引き受けることになりました。

今日はそのときの獲り方について。

 

すでに実績ある人と友達になっておく。

結局、人脈かよ・・・

って思われるかもしれませんが

実績のある人のほうが、話は速いです。

 

それは、リサーチをするときに

 

どんなきっかけで、

どんなことをやって

どれくらいの期間やりつづけて

結果が出始めたのはいつからなのか?

 

といった具体的なことが聴けるからです。

 

その実績の出ている人が今困っていることはないか聴ける。

実績の出ている人でも、やっぱり困っていることはあります。

今回リサーチをさせてもらったアフィリエイターさんも

「何かサイトアフィリをする上で困っていることはありますか?」

と質問したところ

 

ダイエット商品のアフィリを扱う中で

ネットの悩み解決サイトなどから、ターゲットを絞っていき

そのターゲットが使っている言葉を探し

ブログ記事を作っていく

 

というのが、結構な時間が掛かるし

ターゲットを決める

キーワードを選定する

ブログ記事を書く

というのは、クラウドソーシングでは頼めない・・・

 

という悩みを抱えていました。

 

それやりましょうか?と聞いてみる。

あれ、それってコピーライターならやってることじゃん?

と思いませんか?

 

ターゲットを決めることも

ターゲットが使う言葉をキーワードにすることも

悩みに対する記事を書くということも

 

そう思ったので、

「あ、それいつもやってるんですが

よければやりましょうか?」

と提案してみたところ、すぐに仕事に繋がりました。

 

まずはリライトがおすすめ

提案していく中で、思ったのは

ブログのリライトです。

 

というのも、詳しく聞いていくと

 

数あるブログ記事の中でも

最初は結果が出てなかったが

アクセスが集まるようになって、売れだした記事がある

 

でも、そこの記事があまりよくなくて

リライトしたい

とはいえ、自分で書くとターゲットがぼやけたりする

 

という悩みを抱えていたからです。

 

また、これはクライアントにとっての解決策になるだけでなく

僕らコピーライターとしても

リライト前後でのコンバージョン数が比較できるので

実績にもなります。

 

もし、あなたの周りで

アフィリエイトをしている人がいたら

「インタビューをさせてほしい。」

という切り口でリサーチをしつつ、記事作成の提案を

してみてください。