キャッチコピー

あなた自身のホームページはある?ランディングページはお客さんのためだけじゃない

tpl_m1016

ここ数日、自分のホームページを改造している。

 

正確に言えば、

レターと画像、レイアウトはこんな感じで

っていうところまでを僕の方で作って

 

そこから先は、知り合いのデザイナーさんに

発注することにした。

 

「ホームページなんて自分で作れる」

っていうかもしれないけれど、

 

自分で作れるのと

お客さんが見て、「プロっぽいな」と思われるか

違うのではないだろうか。

 

あなた自身の集客手段はあるか?

 

コピーを勉強して

セールスレターを書いていくのはいいけれど

実際、それを自分のために活かしている

ライターというのは案外少ないのかもしれない。

 

でも、情報起業家はともかく

ダイレクトレスポンスマーケティングを使う人って

中小企業の社長さんとかが、

「自社のために」って使っている。

 

それを「プロに頼んだ方がいいかな」と

僕らライターに依頼してくるわけなので

僕ら自身が、まずは自分自身のレターを用意して

おかないとマズイんじゃないだろうか。

 

デザイナーさんのリストを使わせてもらえるかも

 

それに、この方法は

仕事の依頼のように見えて

実は立派な営業方法にもなる。

 

例えば、地方のHP制作なんて

依頼をする社長さんと仕事を受ける制作会社の

情報格差があるからかわからないのだが

 

集客できそうにないページを作って50万円とか

更新するのに、1回3万円とか

実質ほぼ管理もしていないのに、管理費が毎月5万円とか

 

凄いことが起きていたりする。

 

一方で、僕らライターが想像する集客用のページ

ランディングページって

縦に長いものが基本になるだろう。

 

キャッチコピーがあって

お客さんの持つ悩みに共感し

その悩みを放っておくとどうなるか煽って

解決策を出して

でも、限定・今だけという希少性をつけて

申込を促す

 

この流れを1ページで作ってしまう。

そうなると、余計な構造が減るから

短時間でできるし、更新もしやすい。

 

なにより、コストが大幅に減る。

実際、5万円以下で作ってもらえることもある。

 

ページが完成すれば

それをリスティング広告にするもよし、

ブログを更新しまくってSEOであげていくのもいいだろう。

 

でも忘れていないかな?

「この方法でページ作ります。

 プロのデザイナーとライターで作るから集客が見込めます。

 費用は〇〇円」

という方法にもっていくこともできるということ。

 

そのデザイナーさんが持っているリストに

間接的にアクセスすることができるというわけ。

 

ホームページ以外の手段もある。

 

とはいえ、ホームページは作るのに

時間もお金も掛かる。

そこで、活用してほしいのがセミナーだ。

 

長くなってしまうので、続きは次回に。

 

PS:

漂流記では、ブログには書けない

具体的な仕事の取り方も

メルマガで書いている。

 

そちらも合わせて読んでみると

ライターとして、どう行動すれば

いいかがわかるようになると思う。

 

詳しくはコチラ

僕がクリエイティブなコピーライターではなくセールスライターを選んだ理由

セールスコピー

 

は、飛行機よりも遠くへ運んでくれる

 

これは、ある有名なコピーライターのキャッチコピーだ。

 

本を読むことで、想像力が駆りたてられ
行ったことのない世界でさえも行った気分になる、

 

それは、飛行機に乗ってどこか遠くへ行くよりも
何十倍も何百倍も早くたどり着くことができる画期的な手段。

 

多分、そういうことを伝えるために
このキャッチコピーは生まれたのだろう。

 

単純に考えて、
このキャッチコピーは凄いとおもう。

 

だが、こういうクリエイティブなコピーを書いて
活躍したいと考えているライター志望の人達とは
自分は出来るだけ対峙(勝負)したくなかった。

 

その理由を今から説明したいとおもう。

 

クリエイティブなコピーを書いて活躍しようとすれば
そのコピーを書く人自身のブランドが必要になってくる。

 

それに自分の発信した感性あふれるコピーにたいして
共感してくれる人の数が少なければブランドが築けない。

 

つまり、クリエイティビティーや
アイデンティティで勝負しても、大きな成功や
活躍が確約されているわけではないと感じていたのである。

 

だから、作家やエッセイストと同じように、個人としての
ブランドが必要なクリエイティブなコピーを書くことは
自分の選択肢から外すことに決めたのである。

 

もっとわかりやすく言うと、
自分自身のブランドに一切頼らなくても結果を残せる世界、
つまりはセールスコピーの世界で勝負していくことに決めたのだ。

 

セールスコピーはクリエイティビティーなコピーと違って
コピーの書き手や人柄、価値観(趣味・嗜好)、生き方etc…
そういった情報を外部に公開する必要がない。

 

そう、セールスコピーの世界は
コピーそのもので読み手の購買意欲を駆りたて
モノを買うという行動を誘発させれば、それだけで活躍できるのだ。

 

これは自分にとって非常に
魅力的かつ刺激的な世界だった。

 

そして、自分はクリエイティブなコピーではなく
モノを売る力さえ身に付けば一生食いっぱぐれることがない
セールスコピーライターとしての道を選んだのである。

 

もし、あなたが食えないライターではなく
食えるライターになりたいのであれば
私はセールスコピーの道を勧める。

 

自分の書いたコピーによって、
今まで全く売れなかった商品や
サービスが急に売れ出すようになる・・・

 

もしアナタも、そういった
夢の様な状態を現実に体験し、
多くのクライアントから感謝されたい・・・

 

そんな風に思っているのであれば、ぜひ
セールスコピーライターとして
活躍していってもらえばと思う。

 

【セールスコピーはクリエイティブなコピーに流転する】

 

セールスコピーを書いていって
大きな売り上げを記録するようになると
モノを売る分野でのエキスパートとして
自分自身のブランドが出来上がっていく。

 

そうなってくると、今度は
自身のブランド力を基に情報発信ができるので
セールスコピーを書かなくてもモノが売れてしまう。

 

つまり、セールスコピーライターとして
実績を残せば、自分自身のブランドを使って
サービスを売ることができるというわけだ。

 

誰かの商品を売ることよりも、自分の商品を売ったほうが
売り上げのインパクトが大きいのなら、
当然そっちを選んでしまうだろう。

 

なので、セールスコピーライターから
クリエイティブなコピーライターに転身することも
充分に可能なことを理解しておいてもらえればと思う。

 

まとめ:

 

クリエイティブなコピーライターにせよ
セールスコピーライターにせよ、基本的に
コピーライターは商業的な部分で 企業から
大きな活躍を求められているのは間違いない。

 

 

増税後だからこそ、、「ふふふっ面白いじゃないか」

切り口

 

 

ついさっき、洋服の◯山から、1通のメールが届いた。

 

メールの内容は全部で3つ。

 

1つ目は、メンズビジネス用品1点1900円以上を購入すると
500円引きになるというクーポンQRコードの紹介。

 

2つ目は、増税後だからこそというコピーを使い、下取りでメンズスーツ、
メンズフォーマルを持参した人に19000円引きのクーポン券と
5000円までのシャツ&ネクタイを付けますよ、というオファー。

 

さいごの3つ目は、洋服に合うハンガー選びのコツについて
こまかく書かれた記事コンテンツのURLエンコード。

 

以上の3部構成でメールが送られてきた。

 

そしてこの3つのなかで、いちばん良く出来ていると思ったのが
2つ目の「増税後だからこそ」というキャッチコピーである。

 

【どうやったら買ってもらえるか?】

 

今月に入って消費税が8%にあがったわけだが
4月に入るまではドコの店も煩いくらい
増税前だからこそと叫んでいた。

 

だが、税が引き上げれれば
この手法はもう使えない。

 

増税後というのは
消費者の購買意欲も下がる。

 

だけども、店側としては
税が上がろうが下がろうが
商品を売り続けていかなくてはならない。

 

 【増税後だからこそ】

 

『増税後は、なるべくお金を使わないでおこう。。』

 

大多数の消費者は、こんなふうに考えているし、
こんなふうに考えてしまうのは普通の感覚だ。

 

だからこそ、サービスや商品を提供する店側は
消費者の気持ちになってモノを売っていくことが重要だ。

 

今回のケースでは、下取り+クーポンの仕組みを使って
メンズスーツを販売しているが、これは非常に理にかなっている。

 

たとえば、6万円のスーツが2万円値下げした
4万円の価格帯でも充分に利益になる場合は、下取りをさせて
店頭価格の6万円から2万円を引いて4万円で提供すればいいわけだ。

 

店側としては、出来るだけ高いスーツを取り揃え
それ以外のスーツは値下げ対応外にすれば
問題なく利益率をあげることができる。

 

増税後だからこそ、という切り口によって
購買意欲を高めれている洋服の◯山は
魅力的な提案が出来ているということになる。

 

【顧客の状況に応じて最適なシチュエーションを作り出そう】

 

どんな環境にも柔軟に対応できる企業というのは
いくつもの選択肢を保有している場合がほとんどだ。

 

あれがダメなら、これでいって、
これがだめでも、それがあるし、それがダメな…

 

まあ、こんな感じで大量の
選択肢を持っている企業は強い。

 

最適な選択肢を持っているということは
同時に、強力な切り口を持っているということである。

 

他者やライバルがデメリットに感じていることを
メリットに変えていけるということは、それだけ
顧客の頭のなかを理解出来ていると考えて差し支えないだろう。

 

あなたにも、「増税だからこそ」、というキャッチコピーを使った
洋服の◯山のように、顧客の状態に最もマッチした切り口を作ってもらえばと思う。

 

まとめ:

顧客にとっての最適な切り口があれば、商売は繁盛する。

言い訳探すくらいなら、最適な切り口を探そう。

 

 

朝日新聞の広告から学ぶキャッチコピーとターゲッティング

キャッチコピー

 

電車の中吊り広告や新聞折込広告には
あふれんばかりのキャッチコピーが並んでいますよね。

 

実は、このキャッチコピーを分析していくと
サービス提供者の意図や目的が徐々に
分かるようになってきます。

 

今回は動画を使って、キャッチコピーから
サービス提供者の意図を探る方法を解説していきます。


 

 


 【まとめ】

大きな広告媒体に掲載されている商品などは
出口から逆算して入り口が作られているケースが殆どです。

特にメディア、メッセージ、マーケットを
三位一体化させることができれば極めて
大きな売上をあげることができます。

____________________________________________________

[Media]→朝日新聞 
[Message]→ジャーナリストを目指すあなたへ
[Market]→ジャーナリスト学校

↑メディア、メッセージ、マーケットの三位一体化
(ココが味噌です。)

____________________________________________________


        
      

イイネを押すだけでいいんですか?

大阪の喫茶店

 

 

「イイネを押すだけでいいんですか?」

 

きっとこのタイトルを読んだ人のなかには
ドキッとした人が居るかもしれない。

 

実はこのタイトル、とある喫茶店の
キャッチコピーをパクったものである。

 

ちなみに本家のキャッチコピーは
「とおりすぎてもいいんですか」である。

 

こういう類のキャッチコピーを使えば
読み手の注意を引き止め、
行動自体を変えてしまうことが出来る。

 

新たな経験を積み重ねていくことこそが人生を充実させる

↑こんなふうに(大げさに)考えている人にとって
こういう系のキャッチコピーは、なおさら心にひびく。

 

(※1 わたしもそのうちの(大げさな人間の)1人である)

 

(※2 わるく言えば、簡単に釣られてしまう人、と みなせるが
仮に釣りであっても、ワクワクを感じずには居られないのだ。)

 

アナタも私と同じように、こういう挑発的な
キャッチコピーにワクワクを感じる人ならば
なにか1つおもしろいキャッチコピーを作ってほしい。

 

【ただ釣ればイイってわけじゃない】

 

ただ、ちょっとだけ注意して欲しいことがある。

 

キャッチコピーという釣り針を使って
誰かれ構わず、引っ掛けるのは良くない。

 

必要以上に客を待たせたり、

料理の質がわるくなったり、、

料理の在庫がなくなったり、、、

 

価値を提供できるキャパシティ以上に
お客さんを集めてしまうと問題が起きる。

 

沢山の客を集めるのであれば
価値提供のキャパシティを広げるようにしよう。

 

「引っ掛けてくれてありがとう。」

 

こんなふうに言われるようになれば、
もう既にアナタは立派な釣り師と言えるだろう。