思考停止。マジで危ない、、

a1530_000135

 

 

カランコロン。

 

 

入出を繰り返すたびに
ドアの上部に取り付けられた鈴が
軽やかに鳴り響く。

 

 

ここは東京都内にある、とある喫茶店。
創業してからすでに30年以上も経過している
老舗喫茶店には、多くのサラリーマンが集う。

 

 

コーヒー、デニッシュ、フレンチトースト、
喫茶店のメニュー表の中は
お馴染みのメニューがズラリと出揃う。

 

 

味に定評があり、付き合いの長い
常連客がたくさんおしかける。

 

 

30年という月日が経過していたが
喫茶店の店主は今日も忙しく働いていた。

 

 

還暦を目の前にしている店主は
お店の忙しさと自分の体力が
釣り合わなくなっていたのを感じていた。

 

 

そんなこともあって
店主は、アルバイトの募集をした。

 

 

今日はその募集をした
アルバイト生がお店にやってくる日だった。

 

 

店主が採用した、アルバイト生は
地元に住む真面目な女子大学生だった。

 

 

アルバイトの業務内容はいたってシンプルで
お客さんのオーダーを通し、ホールの中から
客席にメニューを送り届けるというもの。

 

 

彼女は業務の飲み込みが早く
初出勤にも関わらず、
しっかりと役目を果たしていた。

 

 

しかし、そこで事件は起きた。

 

 

この事件の内容は、アルバイト生が
オーダーのミスをするだとか、
コーヒーを客の服にこぼしてしまった、とか
そういう類のものではなかった。

 

 

なぜなら事件をおこした犯人は、
彼女ではなくて、毎日お店に来店する
常連客だったからだ。

 

 

その客は一体どんな事件を起こしたのか。

●アルバイト生へのセクハラ?

●まさかの食い逃げ?

●周りの客への暴言?

 

 

——————————————————

 

お疲れ様です。ミズタです。

 

今日は久しぶりに
ストーリー形式のコピーを書きました。

 

常連客が起こした事件は
何なのか気になりましたか?

 

実は、この常連客が起こした事件は
セクハラでも食い逃げでも、暴言でもありません。

 

もしかしたら
事件だと思えないことかもしれません。

 

ですが、この出来事は、
ビジネスマンにとっては
致命傷になるほどの大事件です。

 

事件の内容とは一体?

↓   ↓   ↓

 

——————————————————

 

 

カランコロン:鈴の音

 

 

女子大学生:いらっしゃいませ。

 

 

常連客:(馴染みのカウンターに着席)

 

 

女子大学生:ご注文は何になさいますか?

 

 

常連客:いつもの。

 

 

女子大学生:すみません、今日新しく入ったばかりなので
メニューの名前を言っていただいもいいでしょうか?

 

 

常連客:ええっと、、、(焦る)

 

 

女子大学生:(耳を傾ける)

 

 

常連客:ええっと、あの、その、、(汗)

 

 

女子大学生:はい、、、

 

 

常連客:あのその、ええっとだから、その

 

 

女子大学生:?

 

 

常連客:

い、いつもの、、、、い、い、つつ、、も、の。。

 

 

——————————————————-

 

 

事件の内容とは、ズバリ「思考停止」です。

 

 

 

長期間に渡って同じメニューをオーダーし続けるのが面倒になった
常連客は店主にメニューの名前を言わずに「いつもの」という
使い勝手のいい言葉だけを選択するようになっていました。

 

 

これが、そもそもの思考停止の始まりです。

 

 

そして、その常連客は
慣れ親しんだ環境に「依存」したのです。

 

 

今日のブログで伝えたかったこと、それは
「いつまでも同じ環境が与えられるわけじゃない」、ということです。

 

 

いつ何が起こっても
変化に柔軟に対応できるチカラがなければ
ビジネスで長く太く稼ぎ続けることはできません。

 

 

1つのキャッシュポイントに頼りすぎて
そのキャッシュポイントが潰れた時に
1円も生み出すことができなくなった人は大勢います。

 

 

 

組織やシステム(制度)に頼りすぎるたがために
その先に起きる問題を予測できなくなる。

 

 

 

こういった事態だけは避けなくてはなりません。

 

 

 

問題を予測できていれば
いつどんな不慮の事態が起こっても
キャッシュを生み出すことができると言えます。

 

 

 

いつものビジネスが出来なくなったときに
振り出しに戻るのは、ホントに過酷なものです。

 

 

 

ということで、

■問題が起こらないように先に芽を摘み取ること
■問題が起きたとしてもダメージを最小限に抑えること
これらを意識しながらビジネスをしていきましょう。

 

 

 

追伸:

ビジネスのことや文章に関しての質問があれば
いつもと違った感じでどうぞ。笑

 

 

追伸:2

 

今日の話は実際にあった話です。
(アルバイト生から聴きましたw)

 

ちなみにいつものメニューは
タマゴサンドランチだそうです。

 

思考停止、恐るべし、、、苦笑

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*