DM送るとたまにこんなこともあります

service02

御覧の画像は、僕が3ステップレターを作って

交流会で名刺交換した人に3回送ったときに

却ってきたもの。

 

40通送付したうちの1通がこんな感じだった。

ほかにも、やんわりとFacebookメッセージで

「うちは間に合ってるよ~」

という返信を2件もらった記憶がある。

 

最終的に40人⇒5人が成約したんだけど

逆に言えば、残りの32人はレターを見ても反応しなかった。

そして、何らかの形で「いらないよ」という返信をしてきたのが3人

 

受取拒否で返送するって、中身見てるよね

僕がこの封筒を受け取ったとき、ショックを受けたというよりも

「え、こんな手間かけてDMの拒否してくんの?」

という不思議な感じはした。

 

明らかに一度レターを見て、それで再度封筒に糊付けして

受取拒否で返送してきたことになる。

 

ちなみにこの返送は

1通目のレターを送った直後のこと。。。

 

ならゴミ箱に捨てとけばいいじゃん

って思ってしまったんだけど

 

実際に送ってみると

成約につながるものなんだけど、同時にこういうネガティブフィードバックがあることは

覚えておいてほしい。

 

ただ、同時に・・・・

これって、確実に中身を読まれているということでもある。

 

クライアントの代わりにDMを打つときも同様のことがおきるかも

そして、こういったネガティブフィードバックは

その1発が重く自分に跳ね返ってくるけれど

これは、クライアントの代わりにDMを打つという場合にも起きるということがある

 

なので、もしクライアントの代わりにDMを作成するなら

「もしかしたら、こういう反応をする人が出るかもしれません。」

と一言付け加えたほうがいい。

 

起きてからだと、「やっぱDM中止して」となるし

そうなれば、報酬もあったもんじゃない。

 

とはいえ、まずは出してみる

とはいっても、こういう反応があるくらいが

レターとしては効果が見込めるし

 

なにより、レターを出さなかったら

成約も出ないということ。

 

なので、仮に受け取ったとしても

レターの中身がクライアントの役に立つものなのであれば、そこまで気にしなくていい。

 

まとめ

紙媒体でも見込客から拒否を受けることがある。

だけど、それはレターをきちんと読まれた証拠でもある。

同時に成約につながりもするので、気にせずレターを出したほうがいい。

 

 

 

PS:

メルマガのほうで紹介しているSwipe Writerという企画ですが

案件獲得の具体的な手法が出てきました。

 

例えば、手っ取り早く案件を取れそうな

クラウドソーシング

 

ランサーズでも、実績がないうちは

1つの案件に群がる応募者の経歴や実績を見ると

「自分じゃ獲得できそうもないな」

と思ってしまうことがあるかもしれませんが

 

 

ライバルをぶち抜く、提案内容の書き方が公開されました。

そして、その書き方を使って

さっそく案件を獲得しているメンバーも出てきています。

 

クラウドソーシングから仕事を取りたいという方なら

必見の内容です。

 

詳細についてはメルマガでお話しています^^

 

登録はコチラから!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*