短時間で文章がスラスラ書けるようになるために知っておきたい5つの効果的な手法

レーシングカー

 

 

どんなに優秀なコピーライターでも
文章が思うように書けなくなる場面が必ずあります。

 

 

 

どれだけ新しい体験をしても、
どれだけ上質な気付きと学びを味わっても
上手く文字として残せないことがあるものです。

 

 

 

休んでみるのも1つの手

 

 

 

文章を思うように書けなくなったときは思い切って
数日のあいだ書くことから離れてみるのも1つの手です。

 

 

 

多くのコピーライターは、口を揃えて
「どんな時でも書いて書いて書きまくれ」と言っていますが
私は、しばらく書いても上手くいかない時は
積極的な休息をとり心身のリフレッシュを図っています。

 

 

 

大抵の場合、良いコピーが書けるときはそこまで悩まずに
スラスラと止まることなく筆が進んでいくものです。

 

 

 

優れたコピーを書くためにできること 

 

 

今日は私がコピーが思うように書けなくなった時に
実際に取り組んでいる幾つかの手法をご紹介していきます。

 

 

 

①外で体を動かす

 

 

書けなくなったら、外で体を動かすのも1つの方法です。

 

 

適度な運動をすることで全身の血液が循環し
脳に酸素が行き届きやすくなります。

 

 

脳に酸素が流れるようになれば頭のなかが整理されて
考えたことを文字にしやすくなるのが体感できるハズです。

 

 

上手くコピーが書けなくなった時は
私はこの方法で、今までに何度も救われてきました。

 

 

今でも頭で考えていることが言葉にできなくなった時は
積極的に外へ出て1時間ほど歩くようにしています。

 

 

特に最近は、お気に入りのカフェまで30分ほどかけて歩き
そこからコピーを書くことが多くなっています。

 

 

これと似た環境下でコピーを書いてもらえれば
アナタもきっとコピーがスラスラと書けるハズです。

 

 

 

②水分をこまめに摂取する

 

水分をこまめに摂取することで
脳内に血液を運び集中力を高めることができます。

 

 

カフェにいてるとコーヒーばかりを飲んでいる人が目立ちますが
コーヒーは基本的に体の水分を奪ってしまうので
飲み過ぎると気付かないうちに軽い脱水症状を引き起こします。

 

 

インプットやアウトプットの質を高めたい場合には
ミネラルウォーターなどを飲むようにしてください。

 

 

リラックスして作業するために
ハーブティーやローズティーを
飲んでみるのも良いでしょう。

 

 

 

炭酸水の効果

 

とにかく体中に酸素を循環させたい場合には
炭酸水(砂糖なし)を摂取すれば確実です。

 

 

炭酸水は二酸化炭素で作られていますが、
体内に二酸化炭素を入れると、リバウンド効果で
血液が一気に流れるようになり血行が促進されます。

 

 

体内を浄化させながら血液の循環をさせたい場合は
炭酸水にレモン果汁を2,3滴垂らしてやると
血行を促進させながら毒素を排出できます。

 

 

 

 

③甘いモノを口の中に放り込む

 

人間の脳は糖分がないとスムーズに働かなくなります。

 

 

糖の過剰摂取は、よくありませんが
3~4時間ごとであれば積極的に
甘いモノを口の中に放り込んでみるのも1つの手です。

 

 

糖の効果で、脳が覚醒してスイッチが入れば
一気に執筆スピードが早まる場合があります。

 

 

先程も言いましたが糖の過剰摂取は
脳に悪影響を与え、かえって眠たくなってしまうので
くれぐれも適量を守るようにしてください。

 

 

 

④ガムを噛む

 

ガムを噛むことでも
作業効率を高めることができます。

 

 

ガムを噛み続けることで
脳に血液を送られ、集中力が高まります。

 

 

手軽に始められるものなので
ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

 

 

⑤寝起きに書く

 

寝起きに文章を書く習慣を作れば
快適にアウトプットできるようになります。

 

 

寝起きに文章を書くのはイメージしにくいかもしれませんが
いざ書いて見ると、ドンドン頭のなかに入ってくるので
起きがけのライティングが日課になることもしばしばです。

 

 

寝起きの脳内は覚醒しているので
新しい情報にも脳が柔軟に対応してくれます。

 

 

アウトプットだけでなく
質の高いインプットをしたい時にも
効果を発揮するのでオススメします。

 

 

 

自分に合ったベストな選択肢をチョイスしよう!

 

 

作業効率をアップさせるのは
何より時間を節約するためです。

 

 

時間を効果的に使えるようになれば
今まで1日かかって完成した1本の作品を
2本、3本と本数を伸ばしていくことができます。

 

 

数々の選択肢からアナタにいちばん適した作業方法を身に付けて
時間を短縮しながら質の高いコピーを
スラスラ書けるようになってもらえればと思います。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*