「また連絡します。」と言われたら?あなたはどうする?仕事を獲るならこれ意識してみて!

wisper

見込客とやり取りをしていて、

具体的にコピーの話、DMの話などをして

やってみませんか?

 

という話をする場面があると思います。

 

その時、見込客から

「また連絡します。」「ちょっと考えます」

という感じの反応が返ってくることもありますよね。

 

あなたはここでどう返しますか?

 

見込客の言う「また」は2度と来ない。

 

ここで1つ言っておかないといけないのは

また連絡しますといって、実際に連絡をしてくる人は

ほとんどいません。

 

なので、PCに向かって「まだかな~」と待っていても

連絡が来ることはありません。

 

3週間後に、再度こちらから連絡する

 

「また」と向こうから言われていますけど

そう見込客が言った背景というのは

 

そもそも、興味がなかった

たまたま、忙しかった

 

という場合があります。

 

その見極めをするという意味で

もう一度連絡を入れてみると

 

興味がなければ断られますし

 

たまたま忙しかっただけであれば、

もう1度こちらから連絡するだけで仕事に繋がります。

 

最初にYES/NO形式で仕事を話していないか?

 

コピーの仕事をやりますよという提案を

そのまま、「コピー書きますけどどうですか?」

という形で見込客に話していたら・・・?

 

これ、OKか断られるかのどっちかですね。

 

そもそも質問の仕方がYES/NO形式なので

「また連絡します」というNOが出やすいとも言えます。

仕事は受ける前提で質問を振ってみる。

ではどうするかというと

質問方法を変えてみるだけです。

 

「コピーの話を具体的にしますが、

今週と来週だったらどちらがいいですか?」

「平日と土日だったらどっちがいいですか?」

 

というような形。

 

これなら、「いつがいいかな?」と

具体的にスケジュール帳を取り出してくれる人が

多くなります。

 

もちろん、そこでも「また連絡します」という場合はあります。

その場合はまたこっちから連絡すればいいだけです。

 

その見込客に執着しない

最後に重要なポイントを挙げるとすれば

その見込客1人に執着する必要はないということです。

 

執着するからしつこくなる

しつこくなるから、だんだん連絡が取りにくくなる。

だんだん連絡が取りにくくなるから、後日連絡を入れることができない

 

という連鎖が生まれてしまうので。

それよりも、他の見込客探して

仕事を獲って

その途中経過や結果をFBやHPに載せて

「こんな結果でました」と書いていけばいいんです。

 

そうして再度、連絡をしてみてください。

 

PS:

漂流記では、このほかにも

具体的な仕事の取り方も

メルマガで書いている。

 

そちらも合わせて読んでみると

ライターとして、どう行動すれば

いいかがわかるようになると思う。

 

詳しくはコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*