今すぐ表に出ろ!

LIG_dassyuhiroyuki500

今日のタイトル…決してケンカを売っているわけではない。

結果を出したいのなら、文字通り「外に出よう」ということだ。

ある日、1通の質問メールが送られてきた。

それはコピーライターとして活動をし始めたばかり
という男性からだった。

自分は最近、コピーライターとして活動しはじめて
今クライアント探しをしているところです。

ですが、なかなか思うようにクライアントを獲得できずに
います。ブログやフェイスブックで情報発信を行っているの
ですが、思うような反応も取れません。

どうすればいいでしょうか…?

といった内容だった。

そこにはブログのURLも記載されており、内容をチェックすると
確かに毎日コツコツと記事を更新しているようだ。

フェイスブックの友達数もそれなりに多く、
コメントなどもポツポツとではあるがついている。

当然、コピーライターであることを記載しているし
どのようなサービスを提供しているか?も発信している。

にもかかわらず、2ヶ月以上経っても
未だにクライアントが1件も取れていないという。

それはなぜか?原因は明らかだった。

対面を一切していない

その男性に話を聞いてみたところ、普段ブログやフェイスブックに
記事を投稿することで頭が一杯で、「見込み客に会う」という行為を
一切していなかったのだ。

当然、ネット上で仕事を獲得することはできる。が、
駆け出しの、“実績がないころ”は対面で会うことが
クライアントを獲得するために最も重要だ。

なぜなら、ネット上には強力なライバルがたくさんいるから。

そのため差別化が非常に難しい。

そこにあるギャップを埋めるためには、クライアントとなりそうな人に
実際に会って話せないか?これをまずは考える必要がある。

ネットビジネスは足を使った人間が勝つ

これはコピーライターに限ったことではないが、
ネットを使ったビジネスをしている人の多くは
すべてをネットで完結しようとする

ただ、それだと最初の結果を出すまでに時間が掛かってしまう。

そこで、リアル(対面)だ。リアルを有効に使えれば
それまで全く結果が出ていなかったとしても、一気に
ブレイクする可能性がある。

多くの人は、「ネットビジネス=家でやる」という考えが頭の中に
あるし、もし思いついても面倒臭がってやろうとしない。
その上、時間が掛かるし、お金も掛かるし、初対面の人に会いにいく
というのはストレスに感じる人だっているだろう。

だから、ネットだけでビジネスをしようとする。

けど、「ブログやフェイスブックで知っている人」と
「実際に会ったことがある人」…どちらを信用し、
仕事を任せたいと思うだろうか?間違いなく後者のはず

逆説的だが、ネットでビジネスをするなら
リアルを使うことが近道になる。

最初から効率化を求めてしまうと、かえって
遠回りになってしまうこともあるのだ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*