仕事が取れるコピーライターに必ずと言っていいほど備わっている2つの要素

121

121

仕事が取れるコピーライターには、ある2つの
要素が必ずと言っていいほど備わっている。

 

 

ある2つの要素、
それは、「ノリ」と「勢い」だ。

 

 

ノリと勢いと聴くとなんだか軽いイメージを抱きがちだが
ぶっちゃけ、このノリと勢いは仕事をとるうえでかなり重要だ。

 

 

チャンスをものにできる人は無意識的に
嗅覚を働かせているそうなのだが、私はその嗅覚を研ぎ澄ませる
いちばんの方法は付き合う人の数を増やすことだと思っている。

 

 

だから、私は基本的に誘われたら
その誘いを断ることはほとんどしない。

 

 

もちろん、面白いなと思えるものに限るが
今までに体験したことのない環境があれば
迷わずそこにダイブしにいきたくなる。

 

 

良く言えばアンテナを張っている、
悪く言えば注意散漫なのかもしれないが
目的を持った状態で行動すれば失敗することはない。

 

 

これは自分の実体験なのだが、大抵の場合
焦って案件を取りに行ったときというのは
そこまで大きな収益には繋がらない。

 

 

逆に中長期スパンでゆったり動いているときほど
大きな収益に繋がる仕事が舞い込んできたりする。

 

 

そしてそういった時ほど殻に閉じこもらずに
外部にアンテナを張り巡らしているのだ。

 

 

そんなわけで
どれだけ年齢を重ねても
どれだけジジイになったとしても
ノリと勢いは死ぬまで常備しておこうと思う。

 

 

PS:

 

私の好きな言葉のなかに
知覚動考(ともかくうごこう)という言葉がある。

 

知って覚えて動いて考える。

 

インプットとアウトプットは
屋外問わず実践していきたいものである。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*