【リアル営業】提案(オファー)がスンナリ受け入れられるときの2つの条件

提案

 

相手から信用と信頼を勝ち得ることができれば、
提案(オファー)がスンナリ受け入れられる。

 

信頼や信用を得るためには、当たり前だが
相手の情報をよ~く理解しておく必要がある。

 

それにターゲットの情報を理解してさえいれば
不必要な話や提案をして失敗することが少なくなる。

 

ドコに住んでいて、どんなところで働いていて
朝は何時に起きていて、仕事の帰りは何時で
家に帰ったら何をして、祝日はどこに買い物に行っていて、、、

 

自分の家族や仲の良い友達と同じように
ターゲットの普段の生活環境がどういったもので、何に
関心を示しているのかを出来るだけ知っておいたほうがいい。

 

例えば野球をずっとやってきた人に
サッカーの話をしてもイマイチ話は
盛り上がらないだろう…

 

野球でもピッチャーをやっていた人と
キャッチャーをやっていた人とでは
話す内容も少し変わってくる。

 

相手を知ることが売上UPの近道

 

デキる営業マンは相手の
懐に入っていくスピードが早い。

 

反対にダメな営業マンは相手の情報を知らないまま
仲良くなろうとするため、リレーションが築けない。

 

どんなことが好きで、どんなことに価値を見出して
どういうふうな自分が好きで、人生の目的は何で、、、

最近、どういった壁にぶつかっていて、
どんなふうに解決したいと思っていて、、、

 

相手のことを知れば知るほどにナイスな
オファーができるようになるし、相手との関係性が
築けていれば、スンナリYESをもらうことができる。

 

まとめ:

関係性を築くためには相手の情報が必要。

相手の情報を活かして距離感を縮めよう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*