焼き芋を買ってキャピキャピしてる女子高生が持っている「人生に必要なマインドセット」

fc65f18b

ある寒い冬の日の夕方。

当時、アルバイトをしていた僕は朝8時に家を出て
夜7時に家に帰ってくるという生活をしていた。

その日もいつもと同じようにバイトをして
帰っていたときのこと。

いつもはほとんど見かけないが
その日はたまたま“ある車”が停まっていた。

「い〜しぃや〜きぃ〜芋〜〜おイモっ!」

石焼き芋を売っている車だった。

最近はほとんど見なくなったその車は
人通りがほとんどない道を超スローペースで走りながら
なつかしい音声アナウンスを流していた。

こちらの進行方向とは反対車線にあるその車を見て

「ああ、まだ石焼き芋屋ってあったんだなー」

と思っていたその時。

2人の女子高生がその車に向かって走っていった。

『焼き芋くださいっ!』

「わたしこれ買うのはじめて〜!」

『私もっ!』

なんて2人で盛り上がりながら、焼き芋をそれぞれ手に持ち
女子高生は口をホクホクさせながら歩いていった。

いい年した大人だったら焼き芋を買ったくらいで
あんなテンションの上がり方はしないだろう。

けど、まるでお祭りにでも来たかのような2人を見ると
1つ、「人生で成功している人」に見られる共通点に気づいた。

この女子高生が持っている
「人生に必要なマインドセット」とは?


それは好奇心を満たすための「行動」だ

多くの人は、好奇心が芽生えたとしても
それを満たすための行動をしようとはしない。

「また今度でいいや」と後回しにしたり
「きっとこうだろう」と自分の勝手な想像で決めつけたり…

そもそも、世の中の大半の人は、自分が普段意識しないものには
興味関心を持つことすらない。

自分の枠の中だけで生きており、新しい刺激を
取り入れようとしないのが“普通”だ。

それくらい人は「慣れ」に依存してしまう生き物だ。
(ちなみに、『人は行動を起こさない』というのは
 コピーライティングの世界では誰もが知っている常識だ)

だが、その常識が『自分にも当てはまっていること』に多くの人は気づかない。

たとえコピーライティングを勉強していたとしても…

たとえば1日たった1つの新しい経験をするように意識しよう。それを
1年間続ければ、年間365個の新しい経験・知識があなたのものになる

それは別に

・コンビニでいつもは買わない具材のおにぎりを買う

でも

・いつもは通らない道を使って通勤する

でも何だっていい。

すると

このおにぎりウマっ、とか
この裏道にこんな店があったんだ、とか。

いつもと違う行動を取れば必ず何か「発見」がある。

その発見はときに「感動」へと繋がる。

そんな行動を積み重ねた人とそうでない人では、
人生経験も人間的魅力も大きく変わってくるのは
ある意味当然とも言えるだろう。

「身の回りのものに興味を持つこと」を常日頃心がければ
今よりももっと多くの知識と経験を積めるだろう。

大事なことはチャンスと感じたらすぐに行動することだ。

でなければ、あなたは新しい感動を経験するチャンスを
みすみす逃してしまうことになるかもしれない。

石焼き芋を売っている車は次の日も
そこにいるとは限らないのだから。

P.S.

新しい経験をするなどの「自分の殻を破る行為」を
忘れた人間が「最近の若者は…」というような言葉を
使うようになるのかもしれない。自戒。。。

【無料】5日間コピーライティング講座への参加

1から実績を作り、将来は独立したいコピーライターのための
無料通信講座(5日間)です。毎日19時にお届けしていきます。

結果を出すことにフォーカスしたリアルな話を聞きたい方はぜひ。

無料講座の詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*