『感情を煽る』のがコピーなのか!? ~コピーライターなら絶対に読んでおくべき一冊とその実践例~

daisha 1

とある『都市伝説』

 私たちの友人の友人の話だ。仮に彼をデーブと呼ぼう。デーブはよく出張に行く。このあいだも、顧客との重要な打ち合わせのためにアトランティックシティに出向いた。仕事を終え、帰りの飛行機まで時間があったので、地元のバーで飲むことにした。
ちょうど一杯飲み終えたとき、魅力的な女性が近づいてきた。
「もう一杯いかが? ごちそうするわ」
ちょっと驚いたが悪い気はしない。「いいね」と答えた。女性はバーコーナーに行き、飲み物を二杯持ってきた。一杯は自分が取り、一杯をデーブに差し出す。デーブはお礼を言うと、グラスに口をつけた。記憶はそこで終わり。
いや正確には、目を覚ますまでの記憶が飛んでいるのだ。目覚めたとき、デーブはホテルの風呂の中で氷水に浸かっていた。頭が混乱している。
デーブは慌ててあたりを見回した。ここはどこだ? いったいなぜ、こんなところにいるんだろう? そのとき、一枚のメモに気づいた。
「動くな。救急車を呼べ」
風呂のそばの小さなテーブルの上に、携帯電話が置かれていた。デーブは、かじかんだ指で不器用に911番をプッシュした。交換手は奇妙なことに、彼が置かれた状況を熟知しているようだった。
「いいですか、ゆっくりと気をつけながら、背中に手を回してみてください。腰のあたりからチューブが出ていませんか?」
デーブは不安に駆られながら、腰のあたりを手探りした。確かに、チューブが突き出ている。
交換手は言った。
「落ち着いて聞いてください。あなたは腎臓を一つ取られたのです。この町で暗躍する臓器狩り組織の犯行ですね。今、救急車がそちらに向かっています。動かずに待っていてください」

いきなりとんでもない話に驚かれた方もいるだろう。

また逆に、『ああ、これか・・・・・・』と思われた方もいるだろう。

アイデアのちから

Ideaこれは『アイデアのちから』という本の冒頭部分だ。

私自身、
記事を書くにしろ、
コピーを考えるにしろ、
煮詰まった時に必ずこの本を開く。

この本の中には、
様々なアイデアが詰まっている。

ある意味アイデアの、
スワイプファイルならぬ、
スワイプブックと言ったところだろうか。

記憶に焼き付くアイデア

冒頭の『都市伝説』を思い出して欲しい。

スクロールして戻るのではなく、
あなたの記憶だけを辿って欲しい。

主人公の名前や、
その出来事が起こった都市など、
細かいことは忘れているかも知れない。

でも、
主人公の身に、
何が起こったかは、
忘れるどころか鮮明に、
記憶に焼き付いているのではないだろうか?

記憶に焼き付くアイデアの6原則。

一度見てみてはいかがだろう。

自分の書いたコピーやレターが、
↓の6原則のどれに当てはまっているか?

Simple:単純明快である。

Unexpected:意外性がある。

Concrete:具体的である。

Credible:信頼性がある。

Emotional:感情に訴える。

Story:物語性

この本では、
『記憶に焼き付くアイデア』には、
上の6つの要素があり、
その頭文字を取って、
SUCCESS(Sが一つ足りないが・・・)成功がある!
と言っている。

その実践例

ここでキャッチ画像を見て欲しい。

この画像は、
私が勤める会社で、
私が作ったあるコピーだ。

背景を言うと、
この箱は新たに作った、
板台車を入れる箱なのだが、
いつも乱雑に入れられていて、
常に『整理』する必要があった。

これをなんとか出来ないか?

と思った時、
思い付いたのが、
『アイデアの力』に書かれていた
『テキサスを怒らせるな』だった。

ぶっちゃけると、
製造業の派遣社員というのは、
ハッキリ言って意識が低い!

ルールは守らない。
挨拶はしない。
返事もない。

こんなのはほぼ当たり前で、
来た翌日にもう無断欠勤。
そのまま退社。
なんてのも珍しくないのだ。

そんな意識の低い彼らに、
ルールを守らせる方法はないか?

と考えた時に、
『感情』に訴えることを思い付いた。

彼らは意識が低い。
だから『理論』で言って聞かせてもムダだ。

daisha 2
だったら、
彼らの意識、
『感情』を刺激すればいい。

そう考え、
上のキャッチ画像と、
右のもう一枚を、
表裏にして、
台車に取り付けた。

結果どうなったのか?

これをやった時、
この結果は予想だにしなかった。

なんと今では、
『台車入れ』の『整理』をする必要が無くなったのだ。

「人間は感情に支配される動物である」

とはよく言われることだが、
ここまで顕著だとは思っていなかった。

この2枚の張り紙は、
『恥ずかしい』というネガティブな感情と、
『カッコイイ』というポジティブな感情の両方を
刺激している。

実はこの実例は、
今の私にとって、
ごくごく簡単なテストだった訳だが、
非常に大きな価値と方向性を示してくれている。

ある意味、
今後のビジネスの方向性を
指し示してくれていると言っても良いほどなのだ。(笑)

あなたがもし、
『アイデアのちから』
をまだ読んでいないのであれば、
今すぐ書店に走るなり、
Amazonで検索して、
すぐに手に入れることをおすすめする。

P.S.
あなたがコピーライターとして、
まだ経験が浅かったとしても、
テストはどこででも出来る。

このことを忘れないで欲しい。

あなたの周りには、
そこここにチャンスが転がっている。

それを手にするには、
行動するしかない。

そして自分のアイデアを確かめるには、
テストするしかないのだから。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*