あのAppleがやっている『引き算思考』 ~ついつい忘れてしまいがちなこと~

Apple

まずはリンク先のニュースを見ていただきたい。

ピカソの抽象画で引き算の美学を教える「アップル大学」

Apple、その成功要因は引き算思考にあり!

私もつい最近聞いたのですが、

『引き算思考』

という考え方があるそうです。

それを知ったのは少し前だったのですが今日、
タブレットでネットニュースを見ていたら、
上の2つの記事が出ていました。

元々が製造業畑であり、
製造業ってヤツは基本的に『足し算思考』なだけに、
この『引き算思考』ってヤツは、
ホントに目から鱗でした。

実はこんなことが・・・・・・

私事ですが、
実はこの春から担当部署が変わりました。

人事異動ってヤツですね。
サラリーマンの常な訳ですが、
そこが全く担当したことのない部署だった上に、
前任者もまともに管理ができていなかったのです。
(イロイロと裏事情があって、全てをここには書けませんが(苦笑))

その上今まで担当していた部署は、
社内でもちょっと特殊な部門でだったものだから、
コッチの引き継ぎはしなきゃならないわ。
向こうは引き継がなきゃならないわ。
でもうほぼパニック状態になりかけてた訳です。(汗)

『やらないこと』を決める。

その時私が選んだことは、
『出来ることからやる』ということと、
『やらなくても良いことはやらない』ということでした。

前任者があまり管理していなかったこともあって、
日常業務は現場責任者に任せておけば、
ほぼ問題なく進められる。

それを見て取った私は、
日常業務の管理を放棄(現場に一任)して、
それ以外のことを『やる』と決めたのです。
後は時間に余裕が出来るまで放置と決め込みました。

実際その方がここでの時間も取れますから。
(ここだけの話にしといてください。(^+^))

ライティングの編集も同じ。

今さら言うことでもないとは思いますが、
ライティングにおける『編集作業』も、
『引き算』だと言えます。

下書き(ドラフト)の時に書き連ねたモノの中から、
一番伝えたいメッセージを浮き彫りにしていく。
そのために余分なモノをそぎ落とす。

そういう意味で、
『編集』は正に『引き算』ですよね。
つまりセールスライターとして私もアナタも、
日常的に『引き算思考』を使っているのです。

『やる事』『やるべき事』を決める前に・・・・・・

神田昌典氏の著書で
一番売れている本があります。

この本に書かれている第一の習慣が、
『やりたくないことを見つける』
なのです。

冒頭に上げたAppleの記事が示している
『引き算思考』もある意味同じです。

セールスライターとしての編集作業も、
伝えるメッセージをシンプルにするために、
不要なモノは削り取る『引き算思考』です。

でも、これだけの『引き算思考』に囲まれながら、
アナタの毎日の行動は、
『アレも』
『コレも』
になっていませんか?

アナタがもし、

「やる事が一杯あって何から手をつけたらいいのか分からない」

とか、

「アレもやらなきゃならないし、コレもやらないといけない」

と手一杯になっているとしたら、
立ち止まって考えてみて下さい。

それは今、本当にやらなければならないことなのですか?

『やる事』『やるべき事』を決める前に、アナタは『やらないこと』『やらなくても良いこと』を決めていますか?

もう一度冒頭の記事を読んで、
この週末、じっくりと考えてみて下さい。


P.S.
エラそうに言ってますが、
私自身もこの『引き算思考』が理解できるまで、
かなりの時間がかかりましたし、
今もまだ迷うことが当然あります。

でも、
「こういう考え方もあるんだ」
ということを知ったお陰で以前に比べると楽に『選べる』ようになりました。

大事なのは実際にやってみることです。
例え小さくても行動する事で『何か』が変わります。


P.P.S.

実は今、
前回の記事で紹介した、

『ZERO』

に続く第2弾の新企画が進行中です!

アナタが

本当に知りたかった真実

や、もしかしたら

本当は知りたくなかった事実

が載っているかも知れません。

興味がある方は、
コチラ⇒実績0のコピーライターから脱出するためのメルマガから
メルマガ登録をお願いします。^^

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*