マーケティングはギャンブル

casino

久しぶりの投稿になってしましましたね。

さて、今回は僕の個人的な経験を元にお話しします。

 

普通の広告、特に何も仕組みがない広告はギャンブルで

ダイレクトレスポンスマーケティングはそうじゃない

 

って言われたりしますよね。

個人的にはむしろダイレクトレスポンス型のほうが

ギャンブルというか確率のゲームという感じがあります。

 

お客さんが来た時、反応があった時のアノ感覚を味わったことがあるか?

個人的にも100人にダイレクトメール送ったり

Facebook広告を出して、その反応率を見ている中で

反応がドっとあった時というのは、カジノで勝ったときの感覚に近いです。

(ちなみに、2年前にマカオのカジノに片道切符で行った経験あり)

 

その感覚を言葉で表すというのは正直難しいのですが

後頭部がじわっと熱くなる感じがします。

まぁ実際にカジノで勝つか、コピーで反応を取るかしてみてください(笑

 

勝率を上げられるのか?

そういう風にとらえると、ダイレクトレスポンス型の広告も

確率のゲームであり、ギャンブルと言えます。

 

では、特に戦略のない広告手法と何が違うのかというと

勝率つまり反応率を上げる機会があるかということです。

 

プロのギャンブラーは、ブラックジャックばかりやる

という有名な話がありますが

あれは、ギャンブラー側がある程度勝率をコントロールできるからです。

長期的に続けても勝てる見込みがあるということ。

 

ダイレクトレスポンス型のマーケティングが、他の手法と違うとすれば

自分達で反応率を上げる工夫ができるブラックジャック型のゲームと言えます。

 

勝率50%以上ないと勝てないギャンブルとは違う

ダイレクトレスポンス型のマーケティングが本物よりも優れている点を挙げれば

勝率が50%以上なくても勝てるということです。

本物のギャンブルでは勝率が50%以上なければ、長期的に賭け続ければ絶対に負けます。

で、この50%以上の勝率があるゲームは・・・

ブラックジャックでカードカウンティングでもしない限りないんです。

(おまけにバレたら出禁)

 

ところが、マーケティングの世界で反応率50%なんて

まずないですよね・・・

僕が運用しているFacebook広告はよくて10%、平均すると5~7%です。

平均が0.4%なのでそれでも異常値ですが(笑

 

ポスティングチラシに至っては0.5%

 

それでもクライアントにはめちゃくちゃ感謝されます。

というか利益になります。

 

それなのに知られてないという現実

実際に、リアルで会うとこの方法を使っている人ってあまり見かけないです。

試しに交流会に出て、フロントエンド・バックエンドを持つ商品があるか聞いてみてください。

びっくりするほど知られてないので驚くと思います。

 

 

 

PS:マカオで観てきましたが、あれだけの規模の建物・人・設備を維持するには

相当のお金が掛かっていると考えられます。

ということは、それだけ儲かっているということですよね。

 

じゃあ・・・そのお金はどこから? と考えるとカジノで遊ぶのはほどほどにして

カジノの運営会社の株を買った方がマシだという感想を抱いて帰国しました。

 

PS:今回は菅又さんが企画したSwipe WriterのFacebookグループに投稿されていた

【要約力(伝える力)を高める方法】というのをヒントに書いています。

Swipe Writerって何?という方!

 

何度も紹介していますが、
漂流記」では
以前行っていたFacebookの秘密のグループ
『ZERO』の第2弾として、
実績0のコピーライターから脱出するためのメルマガ
を始めています。

 

ある程度メンバーが集まったら締め切るので

より具体的なクライアント獲得の方法をお探しなら、

まずはメルマガへの登録をしてみてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*