どうやらこのバブルは想像以上にヤバイらしい・・・!

bu-mu

・安定的に稼ぎたい
・一発大きく稼ぎたい

コピーライターに限らず、世の中の多くの人は常にそんなことを考え、日々のビジネスに取り組んでいるだろう。

その中でも今日お話するのは後者、つまり「一発大きく稼ぎたい」と考えている人にとって重要な話になる。

今考えてみると、この傾向は今年に入ったあたりからあったけど、少し前これは“確信”に変わった。

最近“コレ”で荒稼ぎをしている人が後を絶たない。。。

そんな、「今でかく稼ぎたいのならコレをやれ!」と言えるもの。それは…

ある日のこと。知り合いからある社長さんを紹介された。

池袋のカフェで会ったその社長さんの年齢は僕と同年代。第一印象はさわかやな人だった。
話を聞くと、その人はFacebook広告で稼いでいるらしい。

僕自身、Facebook広告を初めて使ったのはたしか1年半前くらい。
漂流記のFBページに「イイネ」を集めるために、お試し感覚で出稿したのが最初だった。

でも、その彼は僕とは全く違うFacebook広告の使い方をしているという。

…で、どれくらい利益が出ているのか聞いたらなんと…

先月は1000万円だったそうだ。。。

もちろんこれは売上じゃなくて利益だ。さらに詳しく話を聞くと、
その前の月は500〜600万円くらいで、そのさらに前は300万円ほど。

つまり、その社長さんは
Facebook広告を使った手法で1ヶ月毎に収入を倍々に増やしているということだった

そんなこともできるんだなーーと思って話を聞いていた。

そして、後日。

今度は別の起業家さんとコピーの打ち合わせで会った時、その人も
Facebook広告を使って毎月300万円以上の利益を出していると言うではないか。

その人曰く、
 

「たぶん、今だったらこれがどのビジネスよりも稼ぎやすいと思います。
 カンタンとは言いませんが、かけた労力に対するリターンがとても大きいです。」

なんてことを言っていた。

そして、驚くことにそれからおよそ1ヶ月の間に
『Facebook広告』で荒稼ぎしているという人と2、3度出会う機会があった。

立て続けに同じビジネスで稼いでいることを聞くともはや偶然とは思えない。

たまたまその人たちだけビジネスの能力が飛び抜けて高く、
そんな人にたまたま連続で出会ったということも考えられなくはないけど、

「FB広告は今“旬”のビジネスだ」

と判断する方が自然だろう。

それから、僕自身のFacebook広告に対する見方は大きく大きく変わり、
自分でも積極的にアンテナを立てるようになった。

具体的には広告に関するセミナーに出たり、
試しに自分で色々テストしてみたり、、

コピーライターが広告?

と思うかもしれないが、そもそもビジネスは集客によって成り立っている。

たとえば、プロモーションを仕掛ける際にはメールアドレス(リスト)を集める必要がある。

広告や紹介によって短期的かつスピーディーに数千〜数万リストを集めて
セールスを仕掛け、数千万〜億を売り上げるのが主流になっている。

そしてここだけの話をすると

プロモーションを行うのに必要な

・コンテンツホルダー(商品を作る人)
・コピーライター(売る人・コピーを書く人)
・マーケター(集客する人)

この中だと、圧倒的にマーケターが立場が強く、報酬の取り分も多い。(その分責任も伴う)

それはつまり、事業における集客の重要性がそのまま反映されているということが言える。

コピーライターやコンテンツホルダーが広告を身につけると…?

広告は言ってしまえば「お金を使って集客するスキル」だから
僕らのようなコピーライターをしている人間にとっても非常に親和性が高い。

それだけではなく、何か売りたいコンテンツを持っている人にとっても広告を学ぶメリットは大いにある。

数千リスト数万リストを集めるには相当なスキルと資金が必要になるが
数十〜数百リストを集めて小さく展開することは広告を使えば難しくない。

僕自身、少し前から広告を勉強し始め、自分でFacebookに出稿をしているけど、そこでいくつか分かったことを共有しよう。

1.数字が出るまでが短い

広告の最大の特徴であり、同時にメリットでもあるのが、「結果がすぐに出る」点だ。

今はFacebook広告がバブル状態になっているが、これはどんな広告でも同じような性質を持っているといえる。

広告には審査が付きものだけど、たとえば
Facebook広告の場合は審査に時間はほとんど掛からない

広告を出して、早ければ2、3時間後には世の中に露出し始める。

「アクセスを呼ぶ」方法の1つとしてコンテンツライティングがあるけど、SEOを狙った記事では
書いた記事にすぐにアクセスが来ることはほぼなく、しばらく先になるのはあなたもご存知の通り。

ブログを作ったばかりだとしたらアクセスが来始めるのは半年後なんてこともある。

その点、広告を使えば“今日”アクセスを呼ぶことができる

だからコピーライティングに必須の「テスト」を素早く回せる。
PDCAを素早く回していけるってことはそれだけ結果が出るのも早い。

せっかちな人にとって広告はピッタリだろう。

2.自分のコピーに自信が持てるようになる

コピーライターをしていると
「何が本当に正しいコピーなのか?」が度々わからなくなってしまう現象がある。

「何を言っているんですか?売れるコピーが正しいコピーですよね?」という人もいるからもしれないけど、
そういう人は恐らく個人で完結するアフィリエイトやコンテンツ販売をしている人か、
もしくは巷のコピーライティング教材に毒されている人だろう。

コピーライターをしていると
「売れる(実際に数字が上がる)コピー」よりも
「クライアントが満足・納得するコピー」が求められる傾向にある

クライアントが納得しないとそもそもそのコピーは陽の目を見ることはない。

だから理想は
「クライアントが納得した上で、実際に数字も上がるコピー」で、
受注系のコピーライターは常にこの針の穴を通すようなコピーが求められている。

しかもクライアントによって好みは変わるから、
毎回毎回採点基準の違うテストをしているような状態になる

けど、さっきも言ったように、個人で完結するビジネスをしている場合は、
そんなことを心配する必要はない。純粋に数字が出るコピー(広告文)を追求することができる。

そうして数字が出ると自分のコピーに自信が持てるようになる。
「自分は結果を出すことができるんだ」と。

そうなると、クライアントからコピーの依頼を受けた時も
自信を持ってプレゼンができるようになる。

つまりはクライアントに強気に接することができる。このメリットは想像以上に大きい。

3.マネタイズが個人完結する

今話したように、広告を使えば個人完結できるビジネスを素早く生み出すことができる。

コピーライターは基本的に人から依頼を受けてコピーを書くという仕事だけど
これにはデメリットも存在する。

「仕事が取りづらい」「単発的な報酬になりやすい」などがそれだ。

けど、自分ひとりで完結するビジネスを1つでも持っておくと、そういった心配も軽減することができる。

最悪、仕事が取れなかったとしても、収入源を別に持っておくと生活するには困らない…
という状態を作っておくことができるし、「右肩上がり(継続的上昇)」を狙えるビジネスなのであれば、尚更だ。

また、上でも話したことに関連するけど、
「目の前のクライアントから仕事が取れなければ生活ができない」という状況は
お願い営業に繋がってしまう恐れがある。

そうするとパワーバランスは圧倒的に向こう側にあるわけだから、
「仕事をたくさんしているのに報酬が上がらない」なんてことにも繋がってしまうことも十分に考えられる。。。
(現に仕事量の多さの割に報酬が少ないという相談が定期的に僕のもとに来る。。。)

また、個人完結のビジネスといっても、
これからコツコツブログを書くのは時間が掛かってしまう。

それもやっておくに越したことはないけど、収益化ができるのは
先程も話した通り早くて半年後になることを覚悟しておかなければならない。

そう考えるとFacebook広告を使って素早くビジネスを構築するスキルはかなり優秀といえるだろう。

4.web集客ど真ん中だから発展性抜群

「交流会に行ってもコピーの仕事が取れない」
「そもそもコピーライティングが認知されていない…」

これまでコピーをやっていて苦戦したことある人はきっと
こんな状況に遭遇したことがあるのではないだろうか?

「どうすればコピーに興味を持ってもらい、依頼を受けられるようになるんでしょうか?」と
相談されることも少なくない。

「ランディングページを作ればすぐにお客さんがやってくるようになるの?」

目の前のクライアント候補からこんなことを言われて
「はい!そうです!」と言えず、歯がゆい思いをしたことがある人もいるかもしれない。

そんな状況になった時、

「アクセスを呼ぶのは広告を使えばすぐできますよ。1000円あればテストもできます」

と言えたらどうだろうか?向こうにとっては断る理由がなくなるだろう。

このように「コピー制作と同時に集客を提案できる」というのは、
営業力を飛躍的に高めるだけではなく、
クライアントとの関係性においても主導権をグっと掴むことができる。

また、これは発展的な話だけど
「広告をメインで提案する」という広告代理店業もできるようになる。

「アクセスを買う」ということ

お金を出してアクセスを呼ぶことに抵抗がある人も多いかもしれない。

けど、少しだけ考えてみて欲しい。

あなたは100アクセス呼ぶのにどれだけの労力と時間がかかるだろう?

■SEOの場合

ブログ記事を書いてアクセスを呼ぼうとすると、記事を書く時間と労力が掛かる。

仮にその記事を書くのに1時間が掛かったとすると
1時間+【Googleに記事がインデックスされ、ユーザーが訪問するまでの時間】が掛かる。

■SNSの場合

では、SNSに投稿してアクセスを呼ぶのはどうか?

これも有効な手段だけど、SNSは基本的に「友達」になっている人にしか
通知ができないため、同じ人に繰り返しアクセスをしてもらうことはできても
「友達の数」以上の広がりを作ることは難しくなる。

では、広告の場合はどうなるだろうか?

これは、僕が出した広告のある結果。

一番上を見てもらえると「CPC8円」と書かれているけど、これはカンタンにいうと
「1クリックしてもらうのに8円掛かっている」ということ。

ということは100アクセスを呼ぼうと思ったら、100×8=800円という計算になる。

ちょっとここで考えてみる

さっき、ブログ記事を書くのに1時間かかったとしたら…と言ったけど
それとこの広告を比較して考えると

「そのブログ記事は800円の価値がある」と言うことができないだろうか?

言い換えれば時給800円の仕事だと言える。(僕のバーテンダー時代の時給と同じだ。笑)

もちろん、ブログ記事の場合は100アクセスとは言わずに、時間が経てば経つほど
累計アクセスも増えてくるため、800円だった価値も徐々に上がっていく。

ただし、それだけ時間もかかってしまう。

一方、広告はまさに「時間をお金で買う」発想といえる。
テスト次第ではもっとCPCを下げられる可能性もあるため、仮に外注ライターに
1記事を作ってもらうよりもずっと安定したパフォーマンスを出すことができる。

どちらが優れている…と一概には言い切れないが

どちらが結果が出るのが早いだろうか?

と考えれば間違いなく広告を使う方だろう。

そして、具体的なマネタイズ(収益化)の話をすると

さっきの話で出た「月1000万円」。

桁が桁なので100万円で考えてみよう。

これをコピーライターで目指すとなると

セールスライティングの受注で目指すとしたら?

セールスレター1本あたり20万円とすると、100万円を稼ぐためには月に5本を書かなければならない。

月の稼働が20日だとしたら、4日で1本のセールスレター…かなりの早さだ。。。。

全く休みなしで働いたとしても、6日で1本だから
そのキツさはなんとなくイメージできるだろう。

セールスレター1本あたりの単価を上げるという方法もあるけど、
もともと20万円に設定していた報酬を
30万円や40万円に値上げするのは容易ではない。。。

コンテンツライティングで目指すとしたら?

「1記事いくら」の記事制作で稼ごうと思ったら
1記事1000円とすると、100万÷1000=1000記事!!!!

鬼神のようなタイピングスピードが必要だ…。。。

というより、1記事書くのに恐らく1時間は必要だから(コピペでもしない限り)
不眠不休で働いたとしても、1日に作成できる限界値は24記事。(この時点で非現実的)

30日×24記事=720記事だから、コンテンツライティングで
月100万円を稼ごうと思ったらもはや時空を超えなければならない。。。

このように考えると、労働的な稼ぎ方には思ったよりも早く限界がくることがわかる。

これからのコピーライターに求められること

これからのコピーライターに求められるのは間違いなく集客能力だ。

仮にあなたがどこかの企業に属していたり、パートナーとなるマーケターがいるのなら
そこまで緊急性は高くない。…が、

フリーのコピーライターとして活動していきたいということであれば
ぶっちゃけコピーを磨くよりも、集客スキルを身に付けたほうが安定して仕事を取れる。

これまでにコピーを勉強してきた人は
コピーライティングにプラスして、集客に直結する能力を持っておくと
今とは全く異なるビジネス展開が考えられるようになる。

今日の話の内容に何か感じるものがあった人は
「良質なアクセスをお金で(できるだけ安く)買う」という発想を
自分のスキルに取り入れることを検討してみてはいかがだろう。

次回は「Facebook広告」のマネタイズ(収益化)について
より詳しいことをお話していこう。

菅又

P.S.

「大きく稼ぐ」というテーマで今回は伝えたけど、実際のところ
Facebookに限らず「広告」は身に付けておくとビジネスの幅が大きく広がる。

クライアントから取れる仕事も増え、大きくなるし、自分自身が
ビジネスを仕掛ける際にも初動が非常に早くなるため、結果的に
“継続的に安定して”結果を出したいという人は広告の勉強は本当にお勧め。

P.P.S.

さっきのデータは少し前のもので、現時点ではこんな感じ。

安定してCPC8円(もう1つは12円)で進行している。

仮に、ここからリスト取りをしたとして…

100アクセス来て1リスト(LPの登録率1%)だったとしても
「1リストが800円で取れる」という状態になる。

ここまで来ると、それこそコピーライティングの領域。

登録率を2%に増やすことができれば→1リスト400円。
3%に増やすことができれば→1リスト200円。

という具合にどんどん1リストあたりの取得コストを下げることができる。

そして費用についてもそうだけど、このスピード感。

これまでコツコツとしたビジネスをしてきた人は
広告を知るとヤミツキになるかもしれない。

ぜひ一緒に広告を勉強していこう。
(要望があれば勉強会開こうかな…?)

【無料】5日間コピーライティング講座への参加

1から実績を作り、将来は独立したいコピーライターのための
無料通信講座(5日間)です。毎日19時にお届けしていきます。

結果を出すことにフォーカスしたリアルな話を聞きたい方はぜひ。

無料講座の詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*