ひときわ優れたコピーライターに共通して挙げられる3つの特徴

ひまわり

 

 

下記3つは、
優れたコピーライターなら
だれでもやっている部分である。

 

 

■リサーチ(売上につながる)に時間を割いている

■顧客が望んでいる状態を上手く文章で表現できる

■顧客の購買意欲を駆り立てることが上手い

 

 

優れたコピーライターは、
売れるための準備しかしない。

 

 

つまり売れないことに
余計な時間(手間)をかけたり、
無駄に悩んだりすることが殆ど無いのだ。

 

 

彼らは、すでに需要が出ている市場に目をつけ、
そこに足りない材料(商品のツヨミ)や
顧客が今すぐに解決したい悩みに則って
文章を書いていけば売上げがあがるのを知っている。

 

 

要は、売れるか売れないかは、書く前から、
すでに決まっているというわけだ。

 

 

 

売れるコピーを書くために必要となる3つの準備

 

 

成約率の高いコピーを書くには以下の準備が必須になる。

 

 


1.自分が扱うサービスについて理解する

 

自分が扱うサービスについて理解しておくことは
サービス提供者にとっての当然の義務である。

 

もし、サービスの内容や特徴を理解できないまま
売り出すことになれば、間違いなく売上は上がらない。

 

売り出すサービスについて理解すればするほど
売れるための切り口が生まれてくる。

 

つまり、商品販売者やサービス提供者は、
自分の扱うサービスにたいして情熱をもつ必要がある。

 

好きでもない商品やサービスを売ろうとするのは
とても負担のかかることだし、何より売上があがらないので
できるだけそういったサービスは扱わないようにしよう。

 

 

2.そのサービスを欲しがる顧客のデータを集める

 

自分の取り扱うサービスは、顧客が本当に欲しているのか?

 

顧客の欲求を集めることができれば
自分が取り扱っているサービスが
売れるか売れないのかが分かる。

 

自分が良いとおもったサービスが
必ずしも売れるわけではないということを理解しておこう。

 

 

3.そのサービスでしか得られない独自のツヨミを理解する

 

いくらニーズがあっても、競合他社のサービスと
自分のサービスに違いがない場合、成約率はあがらない。

 

売れるサービスには、
必ずといっていいほど独自のツヨミがある。

 

独自のツヨミとは、その商品やサービスでしか
味わえない顧客にとって利用価値が高いものである。

 

集団に埋もれないサービスを作るには
その商品を購入するだけの顧客目線側での
圧倒的な理由や、秀でたメリットが必要になる。

 

つまり、どの競合にも真似のできない分野で
ナンバーワンでなければ圧倒的な売上は
記録できないということだ。

 

富士山には登山シーズン2ヶ月間に
20万人~30万人が押しかけるが、
日本で2番めに高い北岳では5ヶ月間で
6万人ほどの登山者しかいない。

 

このことから見ても№1であることが
どれほど重要なのかが理解できると思う。

 

 

今日のまとめ:

1.自分が扱うサービスについて理解を深めよう!
2.市場のニーズがあるのかどうか前もって調査しよう!
3.顧客の購買意欲を高めるだけの自社の強みを用意しよう!

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*