lol(Laugh Out Loud) 笑える話とか

【Google Analyticsの使い方講座】思わぬキーワードでブログにアクセスが流入していた話

Screenshot at 6月 26 20-02-27

どんなビジネスにも言えるかもしれないが「ずっと右肩上がり」なんてものはなく、ほとんどの場合は売り上げやアクセスが上がったり下がったりしながら、少しずつ上昇していく。これがウェブマーケティングの仕事となると、まさにそれを地で行くことになる。僕らは日々大量の数字(データ)と向き合っているのだ。

そこで欠かせないのが「分析」だ。過去に起こった出来事を複数の視点から眺めていくプロセスが必要になる。「お、今日アクセス増えた!やったー!」とか「あれ、なんか最近アクセス増えないわ、萎えるー」なんて一喜一憂するのではなく、その連続した流れを読み取り、「何か法則や傾向はないか?」と仮説を立てる。そうすることで今後仕掛けていく施策を練ることができる。

マーケティングなんていうのは言ってしまえば、数字を見て、改善して、もう一度実践して…の繰り返し。とても地味な仕事といえるかもしれない。けどそんな仕事でも続けていくと面白い発見があったりする。

ある日、マーケティングをやる人間にとっての必須ツール「Google Analytics(ぐーぐる あなりてぃくす)」を駆使して漂流記の数字を見ていた時の話。そこで見ていたのは「どんな検索キーワードでこのブログに辿り着いたのか?」という部分。SEOでアクセスを集めていく上で大きな指標となる重要な部分だ。

そこを見ていた時に飛び込んできたキーワード、それは…

8837


「キャピキャピしてる人の人生」・・・

まさかそんなキーワードでこの漂流記にたどり着いている人がいたとは。。。いや、その他にも「ガールズバー 集客」でアクセスしてる人がいることにも驚きだけど(あと自分の名前も。。)この「キャピキャピしてる人の人生」ってキーワード……これ、こんな言葉で検索する人がいるのか!とそこにまず驚いてしまった。。

これを検索窓に打ち込んだ人はキャピキャピしたかったのだろうか?何か深刻な悩みを抱えているのだろうか。。。?ちなみに、上の画像では数字を隠させてもらったがこの「キャピキャピしてる人の人生」でこの漂流記にアクセスしてきたのは実は1人ではない。。どういう心理状態で検索してくるのかとても気になる。

試しに実際にググってみることにした。すると…

検索してみる…
Screenshot at 6月 26 19-08-41

すると…

Screenshot at 6月 26 19-09-29

なんと漂流記に過去にあげた「焼き芋を買ってキャピキャピしてる女子高生が持っている「人生に必要なマインドセット」」の記事がこのビッグキーワードにおいて1位を鮮やかにかっさらっていたのだ。なるほどこれがコンテンツSEOの威力か。。。ちなみに「ガールズバー 集客」でもググってみると…

Screenshot at 6月 26 19-46-32
こちらも堂々の4位。もはや何の意図もしていないキーワードでボコボコ上位を取っていることに感動すら覚える。。どうやらこのブログはコピーライターやマーケティングに興味を持っている人だけが読んでいるわけではないようだ。

ここから無理やり収益化を考えるのであれば、「キャピキャピしてる人の人生論」とか「ガールズバーの集客マニュアル」、もしくは「チラシ作成サービス」なんてものを売りだせばここから売り上げがあがるかもしれない。

「自分の売りたいものを売る」よりも『ニーズのあるアクセス』から逆算して考えればカンタンに『売れるコンテンツ』のアイデアは出てくる。これがいわゆる「マーケットイン」てやつだ。ウェブマーケティングっておもしろい!

 

追伸:

「キャピキャピしてる人の人生」と検索してこのブログに辿り着いた人へ。

すみません、このブログはキャピキャピしたい人の期待には応えられないかもしれませんが……頑張ります。。

ア~ッ!? やっちまったぁ~! ~ミスした時、落ち込む前にやること~

Miss

最初に謝っておきます。申し訳ありません!!

イヤもう、何とお詫びしたらよいか・・・・・・。

実は今週UPした2つの記事
私の単純なミス(ホントにポカミス)で、Sorry
リンクが貼れておらず、
画像がFBにUPされていなかったことが、
お昼に分かりました。

だからつい先程、
過去の2記事をリンク張り直して再投稿して、
この記事を書いている訳です。

本当に申し訳ありませんでした。

昔、バイクの先輩に言われたこと。

ちょっと話は変わるんですが・・・・・・。

もう30年近く昔になります。
その頃私はオフロードバイクにハマってて、
河川敷やオフロードのコースに走りに行ってました。

そこで私にオフロードの走り方を
教えてくれてた先輩ライダーがいました。

ある時、
私がジャンプをミスって転倒した時に、
その先輩が言ったことは・・・・・・。

大したケガがないんだったら、もう一周今すぐ走ってこい!

でした。

実際転倒した訳ですから、
プロテクターをつけてたとは言え、
身体のアチコチは痛い。

骨折とか捻挫とかまではしてないにせよ、
確実に打ち身はある。
なのでちょっと渋っていたら、

イイからサッサと行け!!

と、スゴい剣幕で怒られました。
で渋々もう一周まわって戻ると・・・・・・。

先に先輩が戻っていて、
「良く回って来たな」
と満面の笑みで迎えてくれました。

先輩が教えてくれたこと。

その後、
コースを後にして先輩宅へ。
そこでバイクのメンテをしながら
先輩が語ってくれたことはいまでも忘れられません。

先輩:「転けた後、何でオレが「走ってこい!!」って怒鳴ったか分からんかったやろ?」
私:「ハイ。正直、怖かったし・・・・・・」
先輩:「ソレよ、ソレ。だから走らせたんよ」
私:「???」
先輩:「オレもな、教えて貰た人にそう言われてん」
私:「へ?」
先輩:「オレヘタレやったから、なかなか走れんかってな」
私:「アラ・・・」
先輩:「けどその人、走るまで許してくれんのよ」
私:「え~ッ?」
先輩:「しゃーないから、最後は走ったんやけどな」
私:「アハハ・・・」
先輩:「そしたらその人、戻ってきたらこう言いよった」
私:「何て言わはったんです?」
先輩:「『よう走ってきたな』って」
私:「先輩と一緒ですやん」
先輩:「それから『あそこで走らんかったら、もう二度とオフで走れんようになるからな』って言いよってん」
私:「え?」
先輩:「その人が言うには、記憶は最後の記憶が一番残るらしい」
私:「そうなんッスか?」
先輩:「らしいねん。オレも詳しいことはよう知らんけどな。けど、転けて走らんかったら、その記憶が一番残る。だから、走った記憶で上書きさせるんやて」
私:「へぇ~」
先輩:「失敗したら、失敗したでええねんて。けど、その失敗した記憶を最後の記憶にしとくと、次に失敗しそうな時に恐怖が先に立って、動きが止まるらしいねん」
私:「ア~・・・・・・」
先輩:「せやから上書きするために、もう一回走らせたってな。お陰で今も走れてるわ(笑)」

その時の先輩の笑い顔は、
ホンマにエエ顔してはりました。
(ア、関西弁が・・・(汗))

人は誰でもミスをする。

ミスをしない人は居ません。
間違わない人は居ないのです。

でもミスした時、
大抵の人はネガティブになり、
そして行動が止まってしまいます。

でもこのことを先輩から教わってから、
私は出来るだけ失敗した記憶をそのままにしないようにしてきました。

もちろん出来なかった時もあります。
そういう時の方が多かったようにも思います。

dogeza特に他人との関係の中で、

「私は悪くない!」

と思った時は、
なかなかミスした事実と向き合えませんでした。

でもそういう思考や行動になると、
結局何度も同じミスを繰り返しているのは間違いないようです。

そしていつまで経っても、
クヨクヨしたり、
落ち込んだり、
そんな事の繰り返しに陥っていたりします。

ミスしたことを最後の記憶にしない!

だから↑をオススメする訳です。

ミスしたことを取り返すのではなく、
ミスしたことを最後の記憶として残さない。

ミスしたことを忘れるのではなく、
同じことを繰り返さないために、
出来たことで上書きする。

コレが出来るようになると、
次の一歩が踏み出し易くなります。

ミスした時、落ち込む前にやることとは?

  1. まずミスを認めること。
  2. 次に謝ること。
  3. そして、ミスを上書きすること。

コレが出来れば、
落ち込んだとしても、
抜けだし易くなります。

だから私は今日、
こうしてカミングアウト記事を書いている(笑)。
という訳です。

ということで、
ミスってしまったことの告白と、
そこに止まらないためのちょっとした心得を
シェアさせていただきました。

にしても・・・・・・。
ホント、ミスはしたくないですね~。(汗)


何度も紹介していますが、
「漂流記」では
前に記事で書かせていただいた
『ZERO』の第2弾として、
実績0のコピーライターから脱出するためのメルマガ
を始めています。

他のサイトでは教えてくれないようなことを、
菅又がメインでセキララに書き綴ってます。(笑)

正直、いつまで公開するか分かりません。
ある程度の人が集まったら、
募集を止める。

かも知れません。(笑)
ですので、登録は今すぐ!

名刺をコピーやダイレクトメールにする方法! ~ネットで見つけたユニークな名刺たち~

mini

名刺をコピーやダイレクトメールにする。

毎日の休み時間に、
ネットサーフィンをするのが日課になっているのですが、
ちょっと面白い記事を見つけたので、
紹介させてもらいます。

以前尾関さんが、
あなたの名刺は大丈夫?仕事が取れる名刺の作り方
という記事を書かれてましたが、
今回はそれのアレンジ版だと思ってください。

ココまで来ているハイテク名刺。

このYouTubeの動画、面白いでしょ?
この名刺を作られた方は、
iOSアプリの開発者だそうです。

あ!
アナタにこんなのを作れって言ってる訳じゃありませんからね。
そこは勘違いしないでください。(笑)

でもこれ、
『リード』が完璧だと思いません?

ダチョウ倶楽部流に言えば
『ツカミはOK!』
ってヤツです。

ポジショニングとしても、
メチャクチャ分かり易いですよね。

何より名刺がしゃべってくれる。
ある意味ハンソクです。(笑)

名刺交換した人と、すぐにバトれる名刺。

次はコレ。

ブラジルの著名なレフェリーのために、
代理店グループが制作した斬新な名刺。

だそうですが・・・・・・。

コレもポジショニングですよね~。
自分のポジションを非常に上手く使っています。

しかも指相撲ってトコロがイイ!
誰でもすぐ出来るし、
意外とアツい!?

世界のユニークビジネスカード、アレコレ。

3つ目はコレ。

ホント、名刺っていろいろあるんですねぇ。(笑)

いかがですか?
アナタのビジネスに使えそうなアイデアはありましたか?

因みにキャッチコピーの写真の名刺は、
ロシアの広告会社のモノで、
裏に書かれているのは、
「コストを最小限に!」
というベネフィットが書かれています。

名刺の形にこだわる必要はない!

セールスコピーの書き方。
『リード』は相手に興味を持って貰うことが重要。
『ボディ』は相手に商品の説明をする。
そして『クロージング』で買ってもらう。

ここで紹介した名刺たちは、
その3つをそれぞれが見事にやっていると思います。

つまり定型の名刺にこだわる必要はない。
ということです。

伝えたいことがあって、
名刺の定型では足りないのなら、
思い切ってここで紹介したような名刺にするのも1つの手です。

逆に、
アナタのビジネスのポジショニングをより明確にするために、
ここで上げた名刺の数々を真似るのもアリだと思います。

何より、
テキストだけではなく、
ビジュアルも含めてアピールした方が、
より相手の心に響くのは間違いありません。

たかが名刺。
されど名刺。

アナタのビジネスのポジショニングをより明確にするためにも、
一度取り組んでみてはいかがですか?


前回もお知らせしましたが、
以前ご紹介した、

『ZERO』

に続く第2弾の新企画が進行中です!

アナタが

本当に知りたかった真実

や、今回の記事でも取り上げた

仕事が採れる名刺の肩書きの書き方

の具体的な指針を公開しています。

興味がある方は、
コチラ⇒実績0のコピーライターから脱出するためのメルマガから登録してください!

ライティング中に思考停止に陥った時の対処法。~あることをすると発想力が60%アップする!?~

https___www.pakutaso.com_assets_c_2014_08_MIMIYAKO85_namitosunahama20140726500-thumb-1000xauto-5201

ライティングがうまく行かない時ってありませんか?

あなたが自分のブログを毎日更新しようとした時や、
若しくはコンテンツ記事を請け負って、
その記事を書こうとした時に、

ライティングが思うように進まない。

何てことありませんか?

ちゃんとリサーチもして、
書くネタもあるのに・・・・・・。
なぜか書く事が出来ない。

我々4人も今、
『漂流記』の頁を毎日更新している訳です。

我々はメンバー4人が、
交代で書いているからまだイイですが、
正直に言って、
これが私1人だったりしたら・・・・・・。(汗)

プレッシャーで筆が進まない。

trouble何てことに陥っていると思います。

チョット言い方が古かったですかね?(笑)

今の時代だと、
キーボードの上で指が止まっちゃう。
と言ったところでしょうか?
そんな経験をされた方は少なくないと思います。

そんな時、
あなたにはその対処法がありますか?

ライティングがうまく行かない時の対処法。

キーボードの上で指が止まってしまった時。
思考停止に陥った時に採る、
私の対処法は・・・・・・。

とにかく歩く。

walkなんです。(笑)

ドコでもイイんです。
とにかく立って歩くんです。
部屋の中をウロウロしてもイイし、
思い切って外を歩いてもイイんです。

部屋をウロウロする時は、
時間にして1~2分くらいでしょうか?
外に出た時は5~10分くらいの時もあります。

とにかく何でも良いから『動く』ようにしています。

なぜそんな事をするのか?

その理由は、
脳に出来るだけ血液を送るためです。

人間は思考停止に陥ると、
ほぼほぼ動けなくなります。

頭を抱えて、
その場から動けなくなり、
思考停止したことに囚われて、
プレッシャーに押し潰されそうになって・・・・・・。

といった悪循環のループに入ってしまいます。

そうなった時の1番簡単な対処法は、
停止してしまった脳の代わりに、
身体を『動かす』ことです。

思考停止から抜け出すために、
その場を離れる。
という意味もあったりします。

動けば景色が変わります。
景色が変われば、
脳はその情報を処理しようとします。

senobi脳は情報を処理するために、
酸素とエネルギーを求めます。

脳に酸素とエネルギーを送るためには、
心臓の動きを活発にして、
新鮮な血液を送ってやる必要があります。

新鮮な血液を送るために、
一番簡単な方法は、
『動く』こと。

そうすることで
思考停止から脱出できる訳です。

『歩く』ことで発想力が60%アップする?

先日ネットのニュースを見ていたら、
発想力が60%アップする『歩き方』
という記事がありました。

アレコレ見ていたので、
ドコで見たかは忘れました(ので、リンク無し(汗)です)が。

もしよければ、
『歩く』『60%』『発想力』
のキーワードで検索してみてください。(笑)

スティーブ・ジョブスが、
ウォーキング・ミーティングをしていたのは、
かなり有名な話です。

それに加えて、
今回読んだ記事では、
facebookのマーク・ザッカーバーグや、
Twitterのジャック・ドーシーも、
同じように、
ウォーキング・ミーティングを実践しているそうです。

まぁ彼らの場合、
忙しいというのもあるのでしょうが・・・・・・。

lgi01a201310180400それにしても、
歩きながらミーティングをするなんて、
普通ではあまり考えられないことですよね。

でも、
動くことによって、
心臓の動きが活発になり、
脳にはより多くの血液が届くことになります。

それを彼らは実践している訳です。

あなたがもし『書けない』事態に陥ったなら、
一度試してみてはいかがでしょうか?

P.S.

自分が書けなくなったら歩く。
という発想を得たのは、
今やっている『コンテンツ記事』のリサーチからだったりします。

オフィスワークで同じ姿勢を取り続けることが、
『肩こり』や『腰痛』の原因である。

対処法は、
45分~1時間に一度、
身体を動かすこと。

あなたの健康のためにも、
ぜひお試しください。(笑)

アパレルショップ店員から学ぶ「売れるセールス」と「売れないセールス」

987

久々の休日。新しく服を新調しようとしてショップに寄って服を見ているあなた。

するとショップの店員が話かけてきた。

 

店員 「何かお探しですか?」

 

あなた「新しいジャケットを探してます。」
店員 「それでしたらこちらがオススメですよ!」

 

あなた「は、はぁ…。」

 

店員

「これは最新の◯◯を使用していてデザインも▲▲で、素材も◇◇なので、

着心地が〜〜なんですよ!」

 

あなた「もう少し落ち着いた色の方が…」

 

店員 「でしたらこっちの方が!」

 

あなた(こっちは1人でゆっくり見たいんだよ!!!)

 

 

…あなたもこんな経験はありませんか?

これは先日僕ががショップに服を買いに行った時の実話です笑

 

顧客の心情を理解する

 

ビジネスにおいて

 

・物が売れない

・人が集まらない

・仕事が取れない

 

こういった悩みを抱えている人はこのショップの店員と

同じ事をしてしまっている場合が多いです。つまり

 

「相手(顧客)の気持ちが想像出来ていない」

 

という事。こちらの要望を一切聞かずに一方的に自分のオススメを押し付けてくる。

肝心な事は答えずに聞いてない事を話してくる。
こちらの要望を聞いたとしてもズレた提案をしてくる。

 

そんな事では全く買う気にもなりませんよね?

(結局僕はそのお店で服は買いませんでした)

 

不思議なモノで、人はされると嫌なのに
自分がやっていると中々気付けないものなのです。

 

そして、これはビジネスでも全く同じです。

 

・物を買いたいと思わない

・人が興味を持たない

・仕事を任せようと思わない

 

これらには必ず原因があります。

 

・どういう言葉を掛けられると購入したくなるのか?

・どういうアプローチをすれば興味を持つのか?

・どういう提案をすれば仕事を任せたいと思うのか?

 

顧客の気持ちを知りたければ

一番手っ取り早い方法があります。

 

それは 、「実際に顧客になってみる事」です。

 

結果が出ないビジネスマンは

これを軽視して飛ばしている方がほとんどです。

 

どれだけ思考を巡らせたとしても、それは机上の空論であり

「顧客の心情を体験する事」には勝てません。

 

 

例えば「仕事が取れない」と悩んでいるのであれば

まずは自分で仕事を依頼してみましょう。

 

 

「そんな事聞いてないんだけど…」

「この提案は魅力ないな…」

「この提案はもっと詳しく聞いてみたいな!」

 

こういった体験をする事が仕事を取る事に直結してきます。

 

 

ぜひ相手側に目を向けて

実際に相手側の心境を体感してみて下さい。

 

まずはあなたが顧客になりましょう。