セールスレター講座

写経について考えよう。~コピーライターにとって写経は本当に必要なのか?~

般若心経

 

ライティングテクニックを向上させたければ「写経」するのが一番!

 
コピーを学んでいればこんな(↑)一節を、
一度は目にしたことがあると思います。

では「写経」は何のためにするのか?

と考えたことはあるでしょうか?

  • ネットで検索したらそんな事が書いてあったから。
  • そうすることが一番イイと聞いたから。
  • コピーの教材にそう書かれていたから。

正直こんな理由で、
ただ言われるがままに、
「写経」してしまってはいないでしょうか?

それに「写経」の条件として、

  1. 手書きですること。
  2. 売れているコピーを選ぶこと。
  3. 何度もすること。

といったことがよく言われています。

が!

本当にそうなのでしょうか?
 

「写経」とは何ぞや?(原点回帰)

 
誰が言い出したかは分かりませんが、
ライティングテクニックを磨くために、
売れているコピーを書き写すことを、
「お経」を書き写すことになぞらえて、
「写経」とは上手く言ったものだと思います。

では本来の「お経」を書き写す「写経」は、
どうして始まったのでしょうか?

その起源を調べていくと、
それまでは、言い伝え(口伝)で伝えられていた教えを、
文字に書き起こしたのが始まり。
だと言われています。

現代は印刷技術が発達したお陰で、
誰でもボタン一つで簡単に印刷ができます。

でも印刷技術がなかった時代は書き写すしかなかったワケです。

それに「写経」した「お経」は、
お寺やお坊さんの大事な収入源でもあったようです。

印刷技術が無く、
書き写すしかなかった時代に、
一言一句書き間違えることなく「写経」された「お経」は、
かなりの価値があったのではないでしょうか?

「お坊さん」にとって
「お経」はなくてはならないものです。

「お経」を書き写すことが修行だ。

と心の底から信じているわけですから、
常に新しい「お経」が欲しいのです。

実際にやってみれば分かると思いますが、
「般若心経」で266文字です。

コレを一言一句間違えることなく書き写すことが、
どれほど難しいことか?
(だから修行だと言えるのですが・・・(笑))

今のように鉛筆や書き直せるボールペンがあった時代ではありません。
パソコンのように間違えても、
DeleteキーやBackSpaceで簡単に直すことはできません。

筆と墨で書き写していたワケですから、
チョットでも間違えたらお終いです。

実際に「お経」を借りて「写経」した時は、
自分が「写経」した分とは別に、
もう一つ同じ「写経」したモノを作って、
その「お経」を貸してくれた人にお返しするのがお礼だったようです。
 

「写経」はビジネス!

 
ここまで読んでて『ん?』と思いません?

先の文を「お経」を『スワイプファイル』に変えて、
「お坊さん」を『コピーライター』に変えて、
読んでみて下さい。

そうすればよく分かります。

それにしても
誰が言い出したのか分かりませんが

本当に良く考えられています

よね。

大本が分からないので検証することは難しいですが、

「写経」することがライティングテクニックを上げる。

というコンセプトを
モノの見事に定着させています。

このコンセプトを読み手に受け入れてもらった後、
スワイプファイルのセットをセールスしたら、
まず間違いなく売れるでしょうね。(笑)
 

「写経」目的は、そのコンセプトに至ること。

 
ここまで読んでいただいたら、
もうお分かりでしょう。

コピーライターにとって「写経」は本当に必要なのか?

というこの記事が、
「写経」を「スワイプファイル」として捉え、
そのコンセプトを探っているのです。

「写経」する事がライティングテクニックを高める最短ルートである。

というコンセプトを多くのコピーライターが受け入れている。
だから「写経」というキーワードを使い、
相手の「興味」を引き(リード)、
そのコンセプトをもう一度強調して(ボディ)、
最後は「スワイプファイル」のセットを販売する(クロージング)。

この流れを摑むことが、
「写経」の本当の目的です。

「お経」を「写経」することで、
その「お経」を書いた人(仏教で言えば、お釈迦様)が、
一体何を言おうとし、
何を伝えようとしたのか?

そのコンセプトを考え探ることを、
「写経」という行為を通して実践し、
最終的にそれを修行の一つとして体系化していったのです。

同じことがコピーにも言えます。

ただ単に書き写す「写経」から、
そのコピーを考えた人が、
何をコンセプトとし、
何を伝えようとしたのか?

それを探り、
考えながら書き写す。

そうすることで、
コピーの流れが分かる。
ということです。
 

「リバースエンジニアリング」

 

競合他社が開発した新製品を分解・解析し,その原理・製造技術などの情報を獲得して自社製品に応用すること。分解工学。

 
あなたが普段読んでいるメルマガや、
「写経」しているスワイプファイルを、
「リバースエンジニアリング」
してみて下さい。

そうすることで、
ただ言われるがままに「写経」するよりも、
何倍もの知識が身に付き、
あなたがコピーを書く時にメチャクチャ役立ちます。

何より、
あなたの思考力が、

本っっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっ当

に鍛えられますよ。(笑)
 
P.S.
夜の相談会

菅又がまた何か始めたようです。
タイトルだけ見ると怪しさ満開ですが(笑)。

秘密を知りたい方はぜひ!!

マーケティングはギャンブル

casino

久しぶりの投稿になってしましましたね。

さて、今回は僕の個人的な経験を元にお話しします。

 

普通の広告、特に何も仕組みがない広告はギャンブルで

ダイレクトレスポンスマーケティングはそうじゃない

 

って言われたりしますよね。

個人的にはむしろダイレクトレスポンス型のほうが

ギャンブルというか確率のゲームという感じがあります。

 

お客さんが来た時、反応があった時のアノ感覚を味わったことがあるか?

個人的にも100人にダイレクトメール送ったり

Facebook広告を出して、その反応率を見ている中で

反応がドっとあった時というのは、カジノで勝ったときの感覚に近いです。

(ちなみに、2年前にマカオのカジノに片道切符で行った経験あり)

 

その感覚を言葉で表すというのは正直難しいのですが

後頭部がじわっと熱くなる感じがします。

まぁ実際にカジノで勝つか、コピーで反応を取るかしてみてください(笑

 

勝率を上げられるのか?

そういう風にとらえると、ダイレクトレスポンス型の広告も

確率のゲームであり、ギャンブルと言えます。

 

では、特に戦略のない広告手法と何が違うのかというと

勝率つまり反応率を上げる機会があるかということです。

 

プロのギャンブラーは、ブラックジャックばかりやる

という有名な話がありますが

あれは、ギャンブラー側がある程度勝率をコントロールできるからです。

長期的に続けても勝てる見込みがあるということ。

 

ダイレクトレスポンス型のマーケティングが、他の手法と違うとすれば

自分達で反応率を上げる工夫ができるブラックジャック型のゲームと言えます。

 

勝率50%以上ないと勝てないギャンブルとは違う

ダイレクトレスポンス型のマーケティングが本物よりも優れている点を挙げれば

勝率が50%以上なくても勝てるということです。

本物のギャンブルでは勝率が50%以上なければ、長期的に賭け続ければ絶対に負けます。

で、この50%以上の勝率があるゲームは・・・

ブラックジャックでカードカウンティングでもしない限りないんです。

(おまけにバレたら出禁)

 

ところが、マーケティングの世界で反応率50%なんて

まずないですよね・・・

僕が運用しているFacebook広告はよくて10%、平均すると5~7%です。

平均が0.4%なのでそれでも異常値ですが(笑

 

ポスティングチラシに至っては0.5%

 

それでもクライアントにはめちゃくちゃ感謝されます。

というか利益になります。

 

それなのに知られてないという現実

実際に、リアルで会うとこの方法を使っている人ってあまり見かけないです。

試しに交流会に出て、フロントエンド・バックエンドを持つ商品があるか聞いてみてください。

びっくりするほど知られてないので驚くと思います。

 

 

 

PS:マカオで観てきましたが、あれだけの規模の建物・人・設備を維持するには

相当のお金が掛かっていると考えられます。

ということは、それだけ儲かっているということですよね。

 

じゃあ・・・そのお金はどこから? と考えるとカジノで遊ぶのはほどほどにして

カジノの運営会社の株を買った方がマシだという感想を抱いて帰国しました。

 

PS:今回は菅又さんが企画したSwipe WriterのFacebookグループに投稿されていた

【要約力(伝える力)を高める方法】というのをヒントに書いています。

Swipe Writerって何?という方!

 

何度も紹介していますが、
漂流記」では
以前行っていたFacebookの秘密のグループ
『ZERO』の第2弾として、
実績0のコピーライターから脱出するためのメルマガ
を始めています。

 

ある程度メンバーが集まったら締め切るので

より具体的なクライアント獲得の方法をお探しなら、

まずはメルマガへの登録をしてみてください!

リサーチから仕事を獲る?顧客リサーチをしたほうがいい2つの理由

103091

コピーを書く上でリサーチは重要

これよく言いますよね。

リサーチがなければ、誰にも刺さらない残念なメッセージになる

 

いくら広告費を突っ込んでも

成約につながらない・・・

 

いくらチラシを撒いても一向に来店客が来ない・・・

 

お店を経営している側にとっても

そのコピーを作った側としても

この結果はたまったもんじゃないですね

 

リサーチの場で仕事を獲る?

さて、そんな重要なリサーチ。

 

おととい、僕もサイトアフィリエイトで実績を出している方に

「サイトアフィリで成果を出すまでの話を聞かせてほしい」

という形で見込客リサーチをしてきました。

 

で、その場でブログリライトの仕事を引き受けることになりました。

今日はそのときの獲り方について。

 

すでに実績ある人と友達になっておく。

結局、人脈かよ・・・

って思われるかもしれませんが

実績のある人のほうが、話は速いです。

 

それは、リサーチをするときに

 

どんなきっかけで、

どんなことをやって

どれくらいの期間やりつづけて

結果が出始めたのはいつからなのか?

 

といった具体的なことが聴けるからです。

 

その実績の出ている人が今困っていることはないか聴ける。

実績の出ている人でも、やっぱり困っていることはあります。

今回リサーチをさせてもらったアフィリエイターさんも

「何かサイトアフィリをする上で困っていることはありますか?」

と質問したところ

 

ダイエット商品のアフィリを扱う中で

ネットの悩み解決サイトなどから、ターゲットを絞っていき

そのターゲットが使っている言葉を探し

ブログ記事を作っていく

 

というのが、結構な時間が掛かるし

ターゲットを決める

キーワードを選定する

ブログ記事を書く

というのは、クラウドソーシングでは頼めない・・・

 

という悩みを抱えていました。

 

それやりましょうか?と聞いてみる。

あれ、それってコピーライターならやってることじゃん?

と思いませんか?

 

ターゲットを決めることも

ターゲットが使う言葉をキーワードにすることも

悩みに対する記事を書くということも

 

そう思ったので、

「あ、それいつもやってるんですが

よければやりましょうか?」

と提案してみたところ、すぐに仕事に繋がりました。

 

まずはリライトがおすすめ

提案していく中で、思ったのは

ブログのリライトです。

 

というのも、詳しく聞いていくと

 

数あるブログ記事の中でも

最初は結果が出てなかったが

アクセスが集まるようになって、売れだした記事がある

 

でも、そこの記事があまりよくなくて

リライトしたい

とはいえ、自分で書くとターゲットがぼやけたりする

 

という悩みを抱えていたからです。

 

また、これはクライアントにとっての解決策になるだけでなく

僕らコピーライターとしても

リライト前後でのコンバージョン数が比較できるので

実績にもなります。

 

もし、あなたの周りで

アフィリエイトをしている人がいたら

「インタビューをさせてほしい。」

という切り口でリサーチをしつつ、記事作成の提案を

してみてください。

「オファーはセールスレターから作るべき」理由 〜あるパン職人の悲劇〜

PAK25_kurowassanosara500

「商品を仕入れて→売る」

ビジネスの原則であるこの考え方に沿うのであれば、コンテンツ販売でも
コンテンツを作って→セールスをする。これが正しい方法のように思える。

…が、この方法にはぶっちゃけリスクがある。

「リスク」というと金銭的なリスクを想像するかもしれないが、ここでいうリスクは
『時間的なリスク』だ。

それを説明するために、一人の男の話をしよう。

あるパン職人の話。

「彼」はスゴ腕のパン職人。

彼が働く店には毎日のようにパンを求めるお客さんが行列を作っていた。特に
1日50個限定の“ヤバいメロンパン”
開店30分以内に売り切れてしまうほど有名であり、人気だった。

そんなある日、彼のもとにある一人の男がやってきた。

話を聞くと、男は地元の広報誌で働いているらしく、職人である彼と、彼が作る
“ヤバいメロンパン”のインタビューをしたいとのことだった。

だが、男は気乗りしなかった。

ただのインタビューだったらそれまでも受けてきたし
有名パン職人の名前を欲しいままにしていた彼にとっては
そこまで気が進まないものだったのだ。

しかし、彼は眼の色を変えた。

そのインタビューが
『これをきっかけに「ヤバいメロンパンを超えるパン」を作り、
その特集を組ませてくれないか?』という

何ともパン職人の血を沸かす提案だったからだ。

彼はインタビューを承諾し、1ヶ月の時間をもらった。

それから日夜店にこもって新しいパンの開発に取り掛かった。

未だ見ぬ伝説のパンを作るべく………

───それから1か月後。

とうとう完成した伝説のパン。

職人として生きてきた自分の全てを詰め込んだパン。

ウマいのは当たり前。
見た目も凝った。

パンなのにコンセプトまで用意した。

約束の日にやってきた広報の男はそれを見た瞬間にこう言った。

「コレ、微妙ですね」

さぞかし賞賛される声が聞けると思っていた職人は耳を疑った。

広報の男は、自分が1ヶ月掛けて完成させた
魂のパンを一言で否定したのだ。

挙句の果てには

「自分が想像しているものと少し違いました」

このようなことまで言う始末。

結局、インタビューの話は流れてしまい、男の
血の滲むような1ヶ月間がムダにされた瞬間だった。

そして彼は心に深い傷を負ってしまった。

この話から何を学ぶか?

この話はコンテンツビジネスなどとは全く無関係に思えるかもしれないが
学べることはしっかりとある。

「パン職人の男はどうするべきだったか?」

それは今回の例でいえば、あらかじめ広報の男に対して

「このようなパンを作ろうと思う」というイメージだけでも
“先に”伝えるべきだったということだ。


確かに、事前に情報を一切与えない状態でモノを見せれば
びっくりしてもらえるかもしれない。…だが

それは相手が求めているものとは全く違うかもしれない
というリスクがあることを忘れてはいけない。

これを僕らがやっているビジネスに置き換えてみると…

・売れるオファーを自由な発想のもとに生み出し、まずはセールスをしてみる。
・そして売った後に商品を作る。

ということ。つまりセールスレターを先に書くということだ

これがコンテンツ販売や企画作りでは可能になる。

こうすることで「売れない(求められていない)商品」を作ってしまうという
リスクを無くすことができる(それは時間をムダにすることがなくなるということ)。

そして、「商品ありき」で作ったオファーよりも
『発想の限界を超えたオファー』を生み出せるようになる。

つまり、売れるべくして売れるオファーが出来上がるのだ。

ただし、1つだけ注意がある。

それはどう考えても実現不可能なオファーを作ってはいけないということ。

普通に考えれば当たり前だが、「売ること」を重視するあまり、非現実的なオファーが
書かれたセールスレターを書いてしまう人がいるのも事実。

だがそんなことをしても、待っているのは激しいクレーム祭りだ。

けどここにだけ注意すれば、この「セールスをする」→「商品を作る」という
本来とは逆のプロセスを経ることで

スピーディーかつ“ハズレのないビジネス”を展開することができる。

ぜひこの方法で“ヤバいメロンパン”を超えるモノを作ってみよう。笑

売れるウェブサイトで起こっていることを直接体験するには本屋に行くのがモッテコイな理由

売れるウェブサイト

 

 

なたは本屋に行って本を買うまでのあいだに
自分がどんなプロセスを辿って本を買っているか
考えてみたことはあるだろうか?

 

 
きっと興味があるジャンルのコーナーにいって
そのなかからいちばん自分が読みたいと思うような
興味のそそられるタイトルのものを選んでいるかとおもう。

 

 
つまり本を手にするかどうかは、
自分の欲求をくすぶる背タイトル
巡り会えるかどうかにかかってくるというわけだ。

 

 
これはセールスレターで言えば
サイト訪問者の注意を引かせる
ヘッドラインみたいなもの

 

 
膨大なタイトルのなかから
一冊の本を選びぬくまでのプロセス、
このプロセスのなかにマーケティングの原則が
数えきれないくらいに詰まっているわけだ。

 

 

そして、本を開け無意識に目次に目をやり
自分の知りたいことが書かれているかを把握する。

 

 
これはセールスレターでいうところの
ブレット(興味を持たせる見出し)である。

 

 
目次や章立を見た時点で、その本が魅力的でなかった場合
あなたは静かに本を閉じ新しい本を探すことになる。

 

 
つまり本が購買されるまでの流れを説明すると
1、背表紙でどれだけ興味を引きつけて選び抜かれるか
2、目次や章立てで手にとった本が必要だと認識させられるか
この2点の要素が揃っているかどうかで本の購買が決まるというわけだ。

 

 
もう、この現象はそのまんま
コピーライティングである。

 

 
サイト訪問者がおもわず足を
引き止めるような意外性あふれるヘッドライン、
スクロールしたときに現れる魅力的なサブヘッド(ブレット)

 

 
本屋に行くことでウェブサイトや
セールスレターで度々起こっていることが、
目に見えた状態でリアルに体験できるわけだ。

 

 

ということで、アナタが今よりも
セールスレターの売り上げを伸ばしたいなら
今スグ本屋にいって本を実際に買っている人の
行動パターンをじっくり観察してみることを勧める

 

 

PS:

あんまりジロジロ観察すると
変な目でみられるので気をつけよう。