失敗した話

DM送るとたまにこんなこともあります

service02

御覧の画像は、僕が3ステップレターを作って

交流会で名刺交換した人に3回送ったときに

却ってきたもの。

 

40通送付したうちの1通がこんな感じだった。

ほかにも、やんわりとFacebookメッセージで

「うちは間に合ってるよ~」

という返信を2件もらった記憶がある。

 

最終的に40人⇒5人が成約したんだけど

逆に言えば、残りの32人はレターを見ても反応しなかった。

そして、何らかの形で「いらないよ」という返信をしてきたのが3人

 

受取拒否で返送するって、中身見てるよね

僕がこの封筒を受け取ったとき、ショックを受けたというよりも

「え、こんな手間かけてDMの拒否してくんの?」

という不思議な感じはした。

 

明らかに一度レターを見て、それで再度封筒に糊付けして

受取拒否で返送してきたことになる。

 

ちなみにこの返送は

1通目のレターを送った直後のこと。。。

 

ならゴミ箱に捨てとけばいいじゃん

って思ってしまったんだけど

 

実際に送ってみると

成約につながるものなんだけど、同時にこういうネガティブフィードバックがあることは

覚えておいてほしい。

 

ただ、同時に・・・・

これって、確実に中身を読まれているということでもある。

 

クライアントの代わりにDMを打つときも同様のことがおきるかも

そして、こういったネガティブフィードバックは

その1発が重く自分に跳ね返ってくるけれど

これは、クライアントの代わりにDMを打つという場合にも起きるということがある

 

なので、もしクライアントの代わりにDMを作成するなら

「もしかしたら、こういう反応をする人が出るかもしれません。」

と一言付け加えたほうがいい。

 

起きてからだと、「やっぱDM中止して」となるし

そうなれば、報酬もあったもんじゃない。

 

とはいえ、まずは出してみる

とはいっても、こういう反応があるくらいが

レターとしては効果が見込めるし

 

なにより、レターを出さなかったら

成約も出ないということ。

 

なので、仮に受け取ったとしても

レターの中身がクライアントの役に立つものなのであれば、そこまで気にしなくていい。

 

まとめ

紙媒体でも見込客から拒否を受けることがある。

だけど、それはレターをきちんと読まれた証拠でもある。

同時に成約につながりもするので、気にせずレターを出したほうがいい。

 

 

 

PS:

メルマガのほうで紹介しているSwipe Writerという企画ですが

案件獲得の具体的な手法が出てきました。

 

例えば、手っ取り早く案件を取れそうな

クラウドソーシング

 

ランサーズでも、実績がないうちは

1つの案件に群がる応募者の経歴や実績を見ると

「自分じゃ獲得できそうもないな」

と思ってしまうことがあるかもしれませんが

 

 

ライバルをぶち抜く、提案内容の書き方が公開されました。

そして、その書き方を使って

さっそく案件を獲得しているメンバーも出てきています。

 

クラウドソーシングから仕事を取りたいという方なら

必見の内容です。

 

詳細についてはメルマガでお話しています^^

 

登録はコチラから!

長続きするクライアントと一度限りのクライアントの違い 〜こんな人から仕事を受けてはいけない〜

Screenshot at 7月 05 13-29-38

僕はこれまで数多くのクライアントを相手にしてきて、色々な種類の仕事を受けてきた。そしてその中でも「付き合いが長続きするクライアント」と「1度限りのクライアント」は面白いほど分かれる。

長い人だともう3年以上の付き合いの人がいる一方で、最近ではそもそも「一度目の付き合いをこちらから断る人」もいる。これは僕自身が『この人とは長続きしないタイプの人だ』と最近ではすぐに分かるようになったからだ。

では、その付き合いが長くなるクライアントとそうではない人にはどのような違いがあるのか?を説明していこう。

『金儲け先行型』は長続きしない

shutterstock_309411233 (1)

これが僕の中の「法則」だ。金儲けが先行している人はまず大成しない。「稼ぎたいからこれをやる」というのは逆にいえば、『稼げるのであれば何でもいい』のであって、そのビジネスが少しでも自分にとって都合の悪いものであったらすぐに撤退することもある。また、たとえ上手くいったとしても「顧客満足」ではなく「自己満足」を追求する傾向にある。どちらにしても、コピーライティングのクライアントとしては付き合いは難しい。。。

そこに信念は存在するのか?

これが重要だと僕は思っている。「その業界で一番になりたい」「お客さんの助けになりたい」「業界を良くしたい」「このサービスの良さを広めたい」それがどのような信念でも構わない。けど、間違いないのは「金儲け」が先行しているクライアントは遅かれ早かれ消えていく。ビジネスを継続していたとしてもクレームまみれになることも珍しくなく、いつのまにか「あれ、そういえば最近あの人の話聞かないな」となることも多い。…ただ、勘違いしないで欲しい。

金儲けが悪いってことではない。

このような話をすると「金儲け=悪だ」と考えてしまう人がたまにいるが、それは短絡的というもの。別に金儲けが悪いってことではない。大事なのは

『お客さんが満足いくサービスを作って、“その結果”自分にもその対価が入ってくる』ということ極々当たり前のことを相手と共有できるかどうかだ。金儲け先行型というのは言ってしまえば【お客さんなんかどうでも良くて、自分が儲けたい】と考えている人間のことだ。また、これは面倒な話なんだけど

立派そうな人ほど「金儲け先行型」だったりする。。。

これは法則というよりも、あくまで僕の経験談なんだけど、ネット上で見た目が立派そうな人、たとえば「あなたのために頑張る!」だとか「世の中を良くしたい!」とか、そういう(表面的に)素晴らしいメッセージを発信している人ほど裏側ではゲスかったりする。。。「社員は使い捨ての駒だ」と断言している経営者も普通にいる。。。残念ながらそういう人間がたくさんいるのも事実だ。ちなみに、僕自身も以前ある企業の社員として働いていた時にこのような体質を持った会社だったことがわかって驚いた経験がある(その会社は外見から見るととても立派そうに見えた。。。笑)

表面に騙されてはいけない

どの業界でもそうかもしれないが、そういう人間はいるし、いなくならない。
だから僕らコピーライターはそのクライアント候補の「本質」を見抜いて本当に長く付き合える人間なのかどうか?を見極めなければならない。

そのために有効なのが、今もいった「金儲け先行型かどうか」という部分だ。それは話をしているとわかる。

見極めのポイントとしては「お客さんを中心に話を進めているのか」「自分の利益を中心に話を進めているのか」だ。
つまり、「どう売上をあげるのか?」というマーケティング・セールスの部分は話が弾むけど、お客さんに提供するコンテンツ(商品)の話に熱を持たない(持てない)人ははっきり言って”地雷”の確率が高い。しかもこういう人は意外にも多い。

これはあくまでもバランスの問題だけど、自分の利益を中心に話を進めて【あ〜ベンツ欲しいな〜】と言っているような人間は”アウト”な傾向があるってことだ。笑(あくまで傾向だけど。。)

ここで話したのは僕の経験から生まれてきた価値観・判断基準だけど…「クライアントと長い関係を築いて安定したビジネスをやりたい」という人にはきっとどこかで役に立つかもしれない。頭の片隅に留めておいてもらいたい。

HTML + CSSをやってみた。 ~コピーライターにHP作成スキルは必要なのか?~

shoumetu

 

コピーライターにHP作成スキルは必要なのか?

以前も同じようなタイトルの記事を書いたことがありますが・・・・・・。

前回の記事では結局『アナタが決めれば良い』という、
非常に曖昧な結末になってしまったのと、
最近ちょっと挑戦したことがあるので、
それを取り上げることにしました。

まずは検証してみよう。

コピーライティングの重要性を謳っているHPのほとんどが、
HP作成スキルに関しては、
結構否定的です。

『今からHTMLやCSSの勉強するの?』

とブログに大文字(笑)で書いている人もいますよね。

でも、
本当にそうなんでしょうか?

アナタがコピーライターとして起業する時にすべき事の定番は?

と、問われたらアナタはどう答えますか?

アナタがコピーライターとして起業して、
何か『商品』を持っていたとしたら、

まずはブログを始めて、
コンテンツを貯めていって、
SEO的に評価を高めて、
検索エンジンでの上位表示を得て、
ブログに来てもらって、
商品を売る。

とか・・・・・・

PPCで広告を打って、
ブログに誘導して、
無料プレゼントと引き替えに、
メルマガにアドレスを登録してもらい、
購読を続けて貰う事でファンになってもらえるほどの関係性を構築して、
商品を買ってもらう。

とかをする訳ですよね。

コピーライターとして起業はしたモノの、
今は『売る商品』を持っていない。
という方なら、

どこかの人気ブログで見た、

『売るものが無い人はアフィリエイトだ!』

という言葉に従って(と言うか鵜呑みにして)、

アフィリエイトを始めるために、
やっぱりブログを始めて、
コンテンツを貯めていって、
SEO的に評価を高めて、
検索エンジンでの上位表示を得て、
アフィリエイトの商品を買ってもらう。

とか・・・・・・

PPCで広告を打って、
ブログに誘導して、
『商品』を買ってもらう。

とか・・・・・・。

ランサーズやCrowdWorksに登録して、
記事書きやLPの募集に応募する。

等など・・・・・・。

まぁ、コレが全てだとは言いませんが、
これから起業しようとしているアナタは、
こういったことをする訳ですよね。

チョット振り返って見て下さい。

上にあげた『やった方が良いことの内容』は全部、
Web上で、HPを作ってする事じゃないですか?

SNSを使って集客することも、
facebookで広告を打つことも、
Twitterでフォロワーを増やすことも、
『アメブロ』や『はてなブログ』を始めてみることだって、
全部HPの作成スキルに関係しているんじゃないでしょうか?

だったらナゼ、多くの人が『HP作成スキル』に否定的なのか?

コレは正直な話、
そう言っている人たちに聞いてみないと分かりません。

ただ、
こういうプログラム言語的なモノって、
敷居が高いように思いますよね。

厳密に言えば、
HTMLやCSSはプログラム言語ではないんですが、
一般の人はほとんど触れたことがないわけですから、

『ムズカシそう・・・・・・』

と思って去って行ってしまう。
その可能性がムチャクチャ高くなる。

そうなると・・・・・・
『商品』が売れなくなってしまうので、
本当は知識を身に付けた方がイイのは分かっているけれど、
『商品』が売れなくなってしまうのは困るので、

『今からHTMLやCSSの勉強するの?(やりたければやればイイよ)』

と言っているのではないかな~。
と私は思う訳です。(笑)

と言うことで、HTML+CSSにチャレンジしてみました。

実は結構前からチャレンジはしていたんですが、
そんなに大っぴらに言うことでもないだろう。
と思っていたので、
言ってませんでした。(控え目な性格なんです。(笑))

その代わりと言っては何ですが、
自分の記事を書く時だけ、
自分が勉強して学んだCSSのテクニックを、
そのページに活かしていました。

(どこが控え目なんだ!というツッコミはナシで(笑))

サブヘッド的な要素は、
HTMLタグの『h2』ってヤツで表してます。

よ~く見ていただくと分かるかと思いますが、
それぞれの影の色が違っていたり、
線の長さが異なっていたりと、
細かな細工をCSSで設定しています。

ただコレを、
外部リンクにしちゃうと、
『漂流記』全体のページが変わってしまい、
全体のデザインを狂わせてしまう可能性があるので、
私が記事を書く時だけ、
その記事の先頭にCSSを記述しています。

以前の記事では、
『h1』タグの設定で、
文字のフォントサイズを大きくして、
白文字だけど濃いめの影を付けて浮かせて、
パステル調の背景色の中に納める。
といったことをしたこともあります。

ナゼHTML+CSSを勉強しようと思ったのか?

この件に関しては、
チョット長くなってしまうので、
別の記事で書かせて貰うことにします。

ただまぁ、
やってみて思ったのは、
そんなに難しくなかったな~。
ってことです。

逆に言えば、
私も初めの頃は、
HP作成スキルを得ることに否定的な人たちの意見に流され、
それは『\(^^\) コッチに置いといて (/^^)/』
をやっていた訳です。

でも実際にやってみると、
そんなに『難しくて理解できない』ってことはないし、
逆に色んなことが出来るのが分かって、

『コレを使えば、こんな風にできるんじゃないか?』

とか、

『ココはこういう風にできないか?』

などなど
やれることが増えてきました。

それに、
他のサイトのLPを見たりする時に、

『コレはどういうコードで書いてんだろ?』

とか、

『オッ、このデザイン良いな』

といった感じで、
ゴソゴソとリサーチしてたりします。(笑)

スマホにも対応出来る、
レスポンシブデザインとかも、
どういう理屈で作られているのか?
ってことも徐々に理解でき始めてたりします。

コピーライターがコーディングできたら、かなり強い!?

実際にLP(ランディングページ)を作る時も、

  • 強調したいHL
  • ここは大事なサブヘッド
  • プリヘッドはワザと文字を小さく
  • アイコンにしてみる?
  • YouTubeを貼り付ける

そういうパターンが絶対にあるはず。

それを自分のイメージ通りに作れたら、
かなりイケると思いません?

この記事を読んで、
アナタがどういう選択をするか?
それはアナタの自由です。

と言うより、
私が
「こうしなさい」
「こうした方がイイですよ」
とココで言ったとしても、

それを最後に選ぶのはアナタ!

ってことです。

「誰かがこう言ったから」
「あの人がこう言っていたから」

と、それを選ぶのも一つの選択でしょう。
アナタがそれを選んだってことを、
忘れなければ問題ありません。

ただ、
今の私が言えるとしたら、
HP作成スキルを勉強することで、

間違いなく、コピーライターとしての幅は広がりますよ。


P.S.
記事の中にも書きましたが、

『何でこういう考えにいたったのか?』

に関しては次の記事で書かせて貰います。

実は全然違うアプローチから導き出した答えだったりします。

P.P.S.
何度も紹介している
実績0のコピーライターから脱出するためのメルマガですが、

先日菅又が『漂流記』のLINEグループで
「もうそろそろ、いいところで一区切り」
と発言しました。

〆切り近しです。

悩む前に行動が、
コピーライターの鉄則ですよ。

ア~ッ!? やっちまったぁ~! ~ミスした時、落ち込む前にやること~

Miss

最初に謝っておきます。申し訳ありません!!

イヤもう、何とお詫びしたらよいか・・・・・・。

実は今週UPした2つの記事
私の単純なミス(ホントにポカミス)で、Sorry
リンクが貼れておらず、
画像がFBにUPされていなかったことが、
お昼に分かりました。

だからつい先程、
過去の2記事をリンク張り直して再投稿して、
この記事を書いている訳です。

本当に申し訳ありませんでした。

昔、バイクの先輩に言われたこと。

ちょっと話は変わるんですが・・・・・・。

もう30年近く昔になります。
その頃私はオフロードバイクにハマってて、
河川敷やオフロードのコースに走りに行ってました。

そこで私にオフロードの走り方を
教えてくれてた先輩ライダーがいました。

ある時、
私がジャンプをミスって転倒した時に、
その先輩が言ったことは・・・・・・。

大したケガがないんだったら、もう一周今すぐ走ってこい!

でした。

実際転倒した訳ですから、
プロテクターをつけてたとは言え、
身体のアチコチは痛い。

骨折とか捻挫とかまではしてないにせよ、
確実に打ち身はある。
なのでちょっと渋っていたら、

イイからサッサと行け!!

と、スゴい剣幕で怒られました。
で渋々もう一周まわって戻ると・・・・・・。

先に先輩が戻っていて、
「良く回って来たな」
と満面の笑みで迎えてくれました。

先輩が教えてくれたこと。

その後、
コースを後にして先輩宅へ。
そこでバイクのメンテをしながら
先輩が語ってくれたことはいまでも忘れられません。

先輩:「転けた後、何でオレが「走ってこい!!」って怒鳴ったか分からんかったやろ?」
私:「ハイ。正直、怖かったし・・・・・・」
先輩:「ソレよ、ソレ。だから走らせたんよ」
私:「???」
先輩:「オレもな、教えて貰た人にそう言われてん」
私:「へ?」
先輩:「オレヘタレやったから、なかなか走れんかってな」
私:「アラ・・・」
先輩:「けどその人、走るまで許してくれんのよ」
私:「え~ッ?」
先輩:「しゃーないから、最後は走ったんやけどな」
私:「アハハ・・・」
先輩:「そしたらその人、戻ってきたらこう言いよった」
私:「何て言わはったんです?」
先輩:「『よう走ってきたな』って」
私:「先輩と一緒ですやん」
先輩:「それから『あそこで走らんかったら、もう二度とオフで走れんようになるからな』って言いよってん」
私:「え?」
先輩:「その人が言うには、記憶は最後の記憶が一番残るらしい」
私:「そうなんッスか?」
先輩:「らしいねん。オレも詳しいことはよう知らんけどな。けど、転けて走らんかったら、その記憶が一番残る。だから、走った記憶で上書きさせるんやて」
私:「へぇ~」
先輩:「失敗したら、失敗したでええねんて。けど、その失敗した記憶を最後の記憶にしとくと、次に失敗しそうな時に恐怖が先に立って、動きが止まるらしいねん」
私:「ア~・・・・・・」
先輩:「せやから上書きするために、もう一回走らせたってな。お陰で今も走れてるわ(笑)」

その時の先輩の笑い顔は、
ホンマにエエ顔してはりました。
(ア、関西弁が・・・(汗))

人は誰でもミスをする。

ミスをしない人は居ません。
間違わない人は居ないのです。

でもミスした時、
大抵の人はネガティブになり、
そして行動が止まってしまいます。

でもこのことを先輩から教わってから、
私は出来るだけ失敗した記憶をそのままにしないようにしてきました。

もちろん出来なかった時もあります。
そういう時の方が多かったようにも思います。

dogeza特に他人との関係の中で、

「私は悪くない!」

と思った時は、
なかなかミスした事実と向き合えませんでした。

でもそういう思考や行動になると、
結局何度も同じミスを繰り返しているのは間違いないようです。

そしていつまで経っても、
クヨクヨしたり、
落ち込んだり、
そんな事の繰り返しに陥っていたりします。

ミスしたことを最後の記憶にしない!

だから↑をオススメする訳です。

ミスしたことを取り返すのではなく、
ミスしたことを最後の記憶として残さない。

ミスしたことを忘れるのではなく、
同じことを繰り返さないために、
出来たことで上書きする。

コレが出来るようになると、
次の一歩が踏み出し易くなります。

ミスした時、落ち込む前にやることとは?

  1. まずミスを認めること。
  2. 次に謝ること。
  3. そして、ミスを上書きすること。

コレが出来れば、
落ち込んだとしても、
抜けだし易くなります。

だから私は今日、
こうしてカミングアウト記事を書いている(笑)。
という訳です。

ということで、
ミスってしまったことの告白と、
そこに止まらないためのちょっとした心得を
シェアさせていただきました。

にしても・・・・・・。
ホント、ミスはしたくないですね~。(汗)


何度も紹介していますが、
「漂流記」では
前に記事で書かせていただいた
『ZERO』の第2弾として、
実績0のコピーライターから脱出するためのメルマガ
を始めています。

他のサイトでは教えてくれないようなことを、
菅又がメインでセキララに書き綴ってます。(笑)

正直、いつまで公開するか分かりません。
ある程度の人が集まったら、
募集を止める。

かも知れません。(笑)
ですので、登録は今すぐ!

ブログが続かない?

1405144top

先日、サイトアフィリで成果を出している人にリサーチをしていたときに

「ほとんどの人が、途中でやめるから成果が出ないのよ」

ということを話していました。

 

これ、あなたも経験ありませんか?

 

ネットを使ったビジネスというと

ブログを書く

メルマガを発行する

ステップメールを作る

FBに投稿する

Twitterに投稿する

Youtubeに動画を投稿する

 

習慣にするのが大事。

それはわかる・・・・わかるんだけど続かない。

 

僕自身は3日坊主の習慣が続く方なので(ぇ

最長で半年までが新しいことを習慣にする限界でした

 

わざわざ習慣にしなきゃいけない時点で詰んでいる

例えば筋トレ

最初の数回、数週間は続くものの

「今日は暑いから・・・」「雨が降ってるから・・・」

「1日休むのも2日休むのも変わんない・・・」

と、都合よく休む理由を作ることがありますよね

 

で、こういう状態になると途中で投げてしまうんですよね。

 

実は、ジムに行くのってすごくエネルギーがいるんです。

行くまでに90%くらいのエネルギーを使ってるんじゃないかと思うほど。

 

手の届く範囲に、習慣にしたいことが転がってるか?

実際、新しいことを習慣にするのって大変ですよね。

でも、それってなんで大変なのかを

考えたことありますか?

 

長続きする人って、その人のやる気のあるなしは別として

長続きする仕組みを意識的に、もしくは無意識に持っているかどうか

が大きいなと感じます。

 

先ほどの筋トレの例で

僕の場合、ベッドの足元に器具を常に出しっぱなしにしています。

 

こうすることで、朝起きて

そのまま器具を使う体勢を作ることができるので

続けられるようになりました。

 

同じように、ブログにしても

ブラウザの初期画面をブログの管理画面にしておくと

嫌でもブログを毎回開くようになりますよ。

 

ではまた次回