コピーライターとして結果を出すために最も大事なこと


今すぐ結果の出ない勉強はやめて、“この方法”を試してみてください。


コピーライターになるのは難しい?

多くの人は最初の一歩すら踏み出すことができません。その理由は…

───コピーライターになるために、“本当に必要”な情報が不足している

世の中には沢山の「ライティング」、「ライター」関連の情報があります。しかし、実際にフリーのコピーライターになれる人は多くありません。それもそのはず。巷のウェブサイトや教材、セミナー等で提供されているコンテンツのほとんどは「上手な文章の書き方」や「書くときに気をつけるポイント」など“書く”ことに特化し過ぎているのです。言ってしまえばフリーのコピーライターになるためには、あまりにも断片的な情報しか公開されていないのが現状です。 もし、あなたが「コピーライターになりたい」「今よりももっと良い待遇で仕事をしたい」と思っているのであればそのために必要なことは「書き方」の勉強ではありません



売上10億円。ライティング案件300件。

素人の状態からスタートして今、5年目です。

解決策

コピーライターになるために最も必要なこと。

僕は、5年ほど前に“セールスコピライター”という仕事があることを知って、「これだ!」と思い立ちいきなり独立をしました。当時は、とある会社で営業をしていて、文章を書いた経験といえば多少ブログを書いたことがあるくらい。コピーの書き方なんて学んだことがなかったし、パソコンやネットにも詳しくありませんでした。

最初は思ったように上手くいきませんでしたが、試行錯誤を繰り返した結果、徐々に仕事がもらえるようになり、5年経った今、受注したライティング案件数は300以上、自分の書いたコピーから上がった売上は把握しているだけで10億円を突破しました。

「なぜ、このような結果を出せたか?」というと、これは確信めいているものが1つだけあって、僕は周囲のコピーライターとは“真逆”の活動をしてきました。



大事なのは「仕事を取る」アクション

僕たちは「コピーライターになりたい」というあなたの目標実現をお手伝いします。

解決策

多くの人が「ライティングスキル」を高めようとする中、僕は「仕事をどうやって取るべきか?」というところにフォーカスし続けてきました。

その結果、数多くの実戦の中でコピーを磨くことができ、「本当に売上を上げるために必要なライティング」が身につきました。

もし、あなたがこれまで「コピーの書き方」の勉強ばかりをしてきて、未だに思ったような結果が得られていないのなら、今すぐに方向転換をしなければならない
それは、まだ「勉強をし始めたばかりだ」ということであっても、同じだ。早い段階で収益化を視野に入れなければならない。

「どうやって仕事を取ればいいの?」「何から始めていいかわからない…」きっとこんな疑問や不安もあると思うけど安心を。僕がこれまでやってきたこと、そして今では独立して自分の会社を持つようになったコピーライター達に教えてきたことを、メルマガの中でお伝えしていきます。

───あなたが結果を出すために本当に必要なものは何か?

その答えをお伝えするのがコピーライター漂流記のメール講座です。


メール講座は5日間です。

この5日間でコピーライターとして新たな一歩を踏み出して下さい。

解決策

「5日間メール講座」では、コピーライターとして必ず知っておきたい知識をお伝えしていきます。

1日目:コピーライターとして必ず持っておくべきマインドとルール
2日目:ケーススタディを頭に詰め込め!成果を出すための最短距離
3日目:今この瞬間から始めよう!案件獲得につながる3つの仕込み
4日目:フリーランスとして働くなら絶対にやってはいけないことは…
5日目:コピーライターならぜひ挑戦したいマネタイズ5パターン紹介

コピーライティングの講座というと、書き方ばかりを伝えるのが一般的ですが、ご覧のとおりこのメール講座では具体的な書き方の部分にはほとんど触れていません。というのもこれまでの経験上、「仕事の取り方」を覚えたら急激に結果を出せるようになったという人が圧倒的に多いからです。

セールスライターとしてライバルを出し抜くマーケティングスキル、交渉術、コミュニケーションなど総合的にお伝えしていきますので楽しみにしていてくださいね。ではメール講座でお会いしましょう。

↓スマホの方はこちらから空メールで無料登録できます↓