セールスコピーで独立したい人向けにメルマガ配信中!
朝日新聞の広告から学ぶキャッチコピーとターゲッティング | コピーライター漂流記

      2014/03/30

朝日新聞の広告から学ぶキャッチコピーとターゲッティング

 

この記事を書いている人 - WRITER -


北海道出身。六本木で働く時給800円のバーテンダーからセールスコピーライターに転身、クライアントへの累計売上20億円を達成した後、現在は自由気ままなストレスフリーの人生を構築中。
詳しいプロフィールはこちら

菅又啓太

この記事を書いている人 - WRITER -
滋賀県出身。主にコピーライター漂流記のセールスと癒しを担当。もともとは整体師として働きながらコピーライターとして起業。「健康食品関連の経営者」から「個人の薬剤師」まで幅広くクライアントを受け持ち、執筆業務をこなす傍ら集客のコンサルティングも行う。最近では自身の整体院もオープンし、「健康」を極めに掛かっている。

 

電車の中吊り広告や新聞折込広告には
あふれんばかりのキャッチコピーが並んでいますよね。

 

実は、このキャッチコピーを分析していくと
サービス提供者の意図や目的が徐々に
分かるようになってきます。

 

今回は動画を使って、キャッチコピーから
サービス提供者の意図を探る方法を解説していきます。


 

 


 【まとめ】

大きな広告媒体に掲載されている商品などは
出口から逆算して入り口が作られているケースが殆どです。

特にメディア、メッセージ、マーケットを
三位一体化させることができれば極めて
大きな売上をあげることができます。

____________________________________________________

[Media]→朝日新聞 
[Message]→ジャーナリストを目指すあなたへ
[Market]→ジャーナリスト学校

↑メディア、メッセージ、マーケットの三位一体化
(ココが味噌です。)

____________________________________________________


                    
 


今日までに300件以上の案件を受注し、
コピーから発生した売上は20億円。
その秘密をお伝えします。

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
滋賀県出身。主にコピーライター漂流記のセールスと癒しを担当。もともとは整体師として働きながらコピーライターとして起業。「健康食品関連の経営者」から「個人の薬剤師」まで幅広くクライアントを受け持ち、執筆業務をこなす傍ら集客のコンサルティングも行う。最近では自身の整体院もオープンし、「健康」を極めに掛かっている。

Copyright© コピーライター漂流記 , 2014 All Rights Reserved.