セールスコピーで独立したい人向けにメルマガ配信中!
優れたコピーライターは○○○○○○である。 | コピーライター漂流記

   

優れたコピーライターは○○○○○○である。

 
ビル

この記事を書いている人 - WRITER -


北海道出身。六本木で働く時給800円のバーテンダーからセールスコピーライターに転身、クライアントへの累計売上20億円を達成した後、現在は自由気ままなストレスフリーの人生を構築中。
詳しいプロフィールはこちら

菅又啓太

この記事を書いている人 - WRITER -
滋賀県出身。主にコピーライター漂流記のセールスと癒しを担当。もともとは整体師として働きながらコピーライターとして起業。「健康食品関連の経営者」から「個人の薬剤師」まで幅広くクライアントを受け持ち、執筆業務をこなす傍ら集客のコンサルティングも行う。最近では自身の整体院もオープンし、「健康」を極めに掛かっている。

大抵の人は、コピーライターと聞くと
キャッチコピーを書く人のことをイメージする。

まぁ、ある意味これは仕方のないことだ。だが
これだけでコピーライターをヒトマトメにされるのは
「できるライター」にとって非常に残念なことだ。

(※できるライターが私のことかどうかの判断はアナタにお任せする)

コピーライターは キャッチーコピーを書く人=クリエイターである

…のような間違った解釈を変えていくには、この認識のズレを修正するしかない。

「おい!そんなどうでもいい心配なんかしてないで、マーケティングに専念しろよ!」

と言われればそこまでのハナシになるのだが

コピーライターがクリエイターではないことを理解すること
あなたが「できるライター」を目指すのなら非常に重要なことだ。

既にアナタもご存じのようにコピーライティングの目的とは
『自分が書いた文章によって、自分の望み通りに相手に行動してもらうこと』だ。

優れたコピーライターは読み手を惹きつけ、流れるように文章を読ませ、
信じさせ、そして最後には読み手を行動させることができる。

彼らは、読み手の感情を手に取るように理解している。したがって
どういった文章を書いていけば読み手が動くのかが分かっている。

つまり、コピーライティングで収益をあげるには
ターゲットとする読者の心理を動かさなければならない

もっと簡単に言えば、顧客を知りさえすれば収益は上がる。

顧客を知るということはマーケティングのド基本だが
多くのライターは顧客のことを理解できないままコピーを書く。

だから売れない。当然である。

売れる文章と売れない文章の違いは
単純に「顧客の目線で書かれているかいないか」ただそれだけだ。

クリエイティブであるかどうかなんて、関係ないのだ。

そもそも見込み客を集めることができなければ、
どんなにセンセーショナルでクリエイティブなコピーでも商品は売れない。

見込み客を一定数集めたうえで、質の高いコピーがあれば
売上はうなぎのぼりで上がっていく。

つまり、優れたコピーライターは
マーケティングができる人間であるということだ。

まとめ:

コピーライターは経済をクリエイトする「マーケッター」。
そういう意味でもマーケッターはコピーライターで
コピーライターはマーケッターである。

 


今日までに300件以上の案件を受注し、
コピーから発生した売上は20億円。
その秘密をお伝えします。

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
滋賀県出身。主にコピーライター漂流記のセールスと癒しを担当。もともとは整体師として働きながらコピーライターとして起業。「健康食品関連の経営者」から「個人の薬剤師」まで幅広くクライアントを受け持ち、執筆業務をこなす傍ら集客のコンサルティングも行う。最近では自身の整体院もオープンし、「健康」を極めに掛かっている。

Copyright© コピーライター漂流記 , 2013 All Rights Reserved.