セールスコピーで独立したい人向けにメルマガ配信中!
スキルが上がるのは◯◯を取ってから。 | コピーライター漂流記

   

スキルが上がるのは◯◯を取ってから。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


北海道出身。六本木で働く時給800円のバーテンダーからセールスコピーライターに転身、クライアントへの累計売上20億円を達成した後、現在は自由気ままなストレスフリーの人生を構築中。
詳しいプロフィールはこちら

菅又啓太

この記事を書いている人 - WRITER -
滋賀県出身。主にコピーライター漂流記のセールスと癒しを担当。もともとは整体師として働きながらコピーライターとして起業。「健康食品関連の経営者」から「個人の薬剤師」まで幅広くクライアントを受け持ち、執筆業務をこなす傍ら集客のコンサルティングも行う。最近では自身の整体院もオープンし、「健康」を極めに掛かっている。

【まずは名乗ろう】

やりたいことがあるなら
つべこべ考えずに、、、
さっさとやったほうがいい。

 

たとえば、コピーライティングというスキルを磨いて
コピーライターとして活躍していきたいと思っているなら
スキルを磨くまえに、「私はコピーライターだ」と、誰かに名乗ればいい。

 

さっさと名乗ってしまえば、
カラダは勝手に動き出すものだ。

 

もし名乗ってもカラダが動かないのであれば、それは
あなたが本当にやりたいことじゃないのかもしれない。

 

【仕事をとればスキルは勝手に上がる】

多くの人は自分自身が納得するまで
スキルを磨いて、そこから仕事を取ろうとする。

 

だが、本当の意味でスキルが上がっていくのは
仕事をとって報酬を受け取ってからである。

 

だからある程度のスキルを磨いたら
まずは、仕事をとることに専念しよう。

 

仕事をとって、企業やクライアントの売上をあげれば
あなたは自信を持つことになるし、クライアントは
あなたのことを専門家として評価するようになる。

 

最悪、売上があがらなかったとしても
売上が立たなかった原因を
特定できていればまったく問題ない。

 

商品価格の設定ミス、顧客の教育不足、
そもそもニーズがない等、売上が立たない原因は
レターを書く以前に起きている可能性も充分に考えられる。

 

【提案しよう】

もし上記の事項にあなたが絡めるのなら
商品を販売するまでに企業やクライアントに
あなたの考えを伝え、積極的に提案したほうがいい。

 

あなたの提案が受け入れられれば、
売上をあげるための戦略と理由を
クライアントに提示して売上の最大化に努めよう。

 

そうすればコケることも未然に防げるだろうし、
売上が立てば、あなたは間違いなく
クライアントにとってのヒーローになる。

 

別に書くことだけが
コピーライターの仕事ではないのだ。

 

むしろ「書くだけのコピーライターなんか、こっちからお断り」
くらいの強気なお節介スタンスでも、ぜんぜんいいとおもう。

 

提案力と執筆力のそれぞれを併せ持つようになると
あなたはコピーライティングの世界を
もっと面白く感じるに違いない。

 

売上をあげるための全ての権限は
コピーライター(わたし)が持っている。

 

それくらいの自信と気迫を持っておこうではないか。
※優秀なコピーライターに限っての話だが。。笑

 

まとめ:

スキルが上がるのは仕事を取ってから。

 

 

 


今日までに300件以上の案件を受注し、
コピーから発生した売上は20億円。
その秘密をお伝えします。

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
滋賀県出身。主にコピーライター漂流記のセールスと癒しを担当。もともとは整体師として働きながらコピーライターとして起業。「健康食品関連の経営者」から「個人の薬剤師」まで幅広くクライアントを受け持ち、執筆業務をこなす傍ら集客のコンサルティングも行う。最近では自身の整体院もオープンし、「健康」を極めに掛かっている。

Copyright© コピーライター漂流記 , 2014 All Rights Reserved.