セールスコピーで独立したい人向けにメルマガ配信中!
煽り系コピーライティングの終焉とコンテンツ時代の到来 | コピーライター漂流記

   

煽り系コピーライティングの終焉とコンテンツ時代の到来

 

この記事を書いている人 - WRITER -


北海道出身。六本木で働く時給800円のバーテンダーからセールスコピーライターに転身、クライアントへの累計売上20億円を達成した後、現在は自由気ままなストレスフリーの人生を構築中。
詳しいプロフィールはこちら

菅又啓太

この記事を書いている人 - WRITER -
北海道出身。六本木で働く時給800円のバーテンダーからセールスコピーライターに転身、クライアントへの累計売上20億円を達成した後、現在は自由気ままなストレスフリーの人生を構築中。 詳しいプロフィールはこちら

「ネットビジネス」と言われる業界のコピーは
『煽り系コピー』が主流になっている。

これが良いか悪いか?なんて考えるだけムダだけど
(当人にとっては良く、外野から見たらダメという結論になる)

けど、そんな状況がなぜ起こるのか?と考えてみた。

最も大きな原因としては
「まずは人の真似をしろ」という教えがネットビジネス業界では
スタンダードになっていることが考えられる。

何事も形から入る、というのは確かに大事なことだ。けど
「その形がどのような意図、経緯で形成されたのか?』を理解せずに
表面上だけを真似しても結局それはコピーのコピー(模倣)でしかない。

間違ったコピーを使っている人間の真似をしてさらに別の人が
間違ったコピーを使うようになって…どんどん煽りがエスカレートして
今のような気持ち悪いコピーが量産される状況になっている。

前まではそれでも良かったけど(商品が売れる、という意味で)これからは
その一人歩きしたコピーからは脱却しなければならない。

お客さんが「そんなウマい話はない」ということに気付き始めたのだ

これを「消費者も頭が良くなった」という表現がされることもあるが
単純に「ネットの誇大広告に慣れた」と言ったほうがいい。
(どれだけ上から目線だという話だ。。。)

そして、これからは「新規顧客の獲得をどれだけできるか?」
安定したビジネスを生み出すのに非常に重要になる(これはずっとそうだけど)。

新しい見込み客を集めることを「出来る人」と「出来ない人」の差が
マーケターの間でもかなり開き始めている。これはコピーライターという立場なら
すごく強く感じるだろう。だから「新規集客」と同時に

「既存顧客から次の取引をいかに生み出すか?」が売上をあげるための
大きな課題になってくる。つまり「リピート」。そして
リピートを得るためには『商品力』が重要になる。

1回目のセールスは「煽り」が通用としたとしても
2回目のセールスは「1度目に買った商品の質」が良くなければ
絶対に売れることはない。
(誰が不味いレストランに2度も足を運ぶか?って考えればわかりやすい)

さらに、1度目に買った商品が悪ければその「悪い評判」は一晩の間に千里を走る

良い口コミに比べて悪い口コミは4〜5倍の勢いで広がっていくとも言われている。
(ちなみに平均的に、良い口コミは3人に伝わり、悪い口コミは11人に広がると言われている)

けどTwitterやFacebookなどSNSがかなり普及している今なら
数万人への影響力を持つ人だってたくさんいる。

そうなるとヘタなことなど決してできない。それが
「コンテンツ力が大事だよ」って昨今よく言われている話にも繋がってくる。

つまり

コンテンツ力=単なる商品力、というわけではなく
コンテンツは「2回目以降のセールス」を促進する役割を持つ

そして、コンテンツが優れていれば口コミも起こる。そうなると
コンテンツ=「新規集客を呼びこむ」働きもすると言える
(ちなみに口コミを起こすためには“ある仕掛け”を施せばなお効果的に作用する)

つまり、ここからわかるように、これからは「コンテンツの質」が
ビジネスそのものを大きく左右する…ということになる。

これは「集客力に優れて商品力に劣る」という人にとっては大きな問題になるだろう。

ただ、だからといって「商品が良ければそれだけで売れる」と考えるのは
マーケティングを考えない職人気質の経営者と何ら変わらない。

要するに
商品力とマーケティングのバランスを考えよう、という
とても無難でつまらないまとめ方になってしまうがとても大事なことだ。

煽って売ったとしても、商品は必ずお客さんのもとに渡る。
そうなれば、商品の善し悪しは必ず伝わるし、そこで「悪い」と判断されれば
二度目のチャンスはない。

すると、常に新規の集客を行っていかなければならない。そうなると当然
コストはかさむ(新規のお客さんを集めるのが最もお金がかかる)。

そして毎回煽る…そんなことを続けていれば必ずどこかでほころびが出る。

けど、「今」調子が良い人はそれを知っていたとしても
自分には関係ないと思ってしまう。このままプロモーションが永遠に成功する…
そう思ってしまう。彼らの言い分としては

「客はオイシイ話なんて無いってことを知っている。知っているけど、
 心のどこかであるかもしれないと淡い期待を持っている側面も実際にはある」

だ。

人の期待と不安の間に存在するスキを突くかのように
煽りに煽り立て、本来“それ”を必要としていない人に対してでも
無理矢理ニーズを植え付けて売る……

極端な話、そんなことも出来てしまう。けど何度も言うけど
それは絶対に続かない。

「人のタメになるモノを売る」という、とても基本的なことを
あらためて考える機会がやってきた…そう捉えてみてはどうだろう?

 


今日までに300件以上の案件を受注し、
コピーから発生した売上は20億円。
その秘密をお伝えします。

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
北海道出身。六本木で働く時給800円のバーテンダーからセールスコピーライターに転身、クライアントへの累計売上20億円を達成した後、現在は自由気ままなストレスフリーの人生を構築中。 詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コピーライター漂流記 , 2014 All Rights Reserved.